オススメ車載カメラ紹介!アクションカムとGoProの比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

今回のテーマは【車載カメラ】です!

 

サーキットやドライブの動画作りには必ず必要な車載カメラ…

スマホでもできるのですが、やっぱり色んな場所に取り付けたり、編集的にも専用のカメラは魅力的ですよね。

 

そんな私のイチオシの車載カメラを2つ紹介していきます!

 

スポンサードリンク


車載カメラとは

 

車載カメラとは車に取り付けるカメラのことです。
サーキット等を走る時は非常に便利で、後から自分の運転や走行ラインを第三者目線で確認することができます。

 

 

そのため今まで気が付かなかった自分の癖や、走行ラインのズレを見つけ出し、さらなるドラテク向上につなげる事ができます。

 

 

上手い人に見てもらってアドバイスをもらうといった事もできます ♪

 

 

取り付け方次第では車の足回りの動きや、自分のペダル操作等も確認する事ができます。

 

 

1. SONY アクションカム

SONY アクションカム

SONYが発売しているアクションカムです。
これは私も愛用しており、なかなか使いやすいです!

 

もちろんWi-Fiも搭載していてスマホ等で遠隔操作が可能なので、カメラを任意の位置に取り付けたらシートに座った状態で録画や設定を行うことができます。

 

 

専用の小型なライブビューリモコンを購入すれば、スマホを使わなくても遠隔操作が可能です。

 

 

スマホと違い専用の取り付けアタッチメントが数種類あるので、パイプや球面など色々な場所に取り付けることも可能です。

 

 

 

特徴

アクションカムの特徴ですが

• 空間光学ブレ補正
• 小型
• 高音質&高画質
• アクセサリーの豊富さ
等があります。

 

 

空間光学ブレ補正

カメラ本体が動いても、レンズとセンサーを一体として光学ユニットを空間に浮かせるシステムです。

 

 

アクションカム専用に開発したらしく従来よりブレない安定した記録を実現しています。

 

 

車載動画等で常にブレが出ている状態でもブレを補正して、綺麗に動画を録画してくれます。

 

 

この機能が本当に車載動画では重要なんですよね!

 

 

どんなに良いドライビングでも、動画がブレてしまっていては全然分からなくなってしまいます…

 

 

特に強弱の振動が激しい車載では必要になってくる機能ですよね!

 

 

小型

これも車載動画では大切です。

あまり大きすぎると設置場所に困りますが、小型なために場所を選ばず取り付けることができます。

 

 

なので足元を写したり、タイヤハウスの中に設置するといった事もできちゃいます。

 

 

高音質&高画質

これは言うまでもありませんよね (笑
当然高音質&高画質の方が良いです ♪

 

 

画素数も動画では約818万画素で、静止画では約1200万画素もあるのです!

 

 

アクセサリーの豊富さ

カメラを取り付けるアタッチメントや、普通のビデオカメラとして使える三脚など本当にたくさんのアタッチメントが発売されているので、車や自転車等に取り付ける際に困ることはほとんどありません。

 

 

三脚用のネジが本体に付いているので、他メーカーのアタッチメントも使用可能です。

 

 

アクションカム評価

私的には10点満点中9点です!

満点まであと一歩!おしい!!

 

 

理由は
• 録画時間が約2時間(満充電状態)
• 防水ではない
という点です。

 

 

サーキットなら2時もあれば十分なのですが、ドライブ動画だと少し短いかもしれません。
なので予備のバッテリーや充電アダプターを持ち歩かないといけない場合があります。

 

 

また本体自体は防水ではなく、専用の防水アタッチメントを取り付けなくてはいけないので、これを取り付けると少しサイズが大きくなる点で満点ではないのです。

 

 

しかし、車載カメラとしての機能は十分過ぎますね。
特にブレ補正は本当にありがたいです。
また逆光でもしっかり補正してくれるのが嬉しいですよね!

 

 

 

 

2. GoPro

GoPro HERO

 

車載カメラやアウトドアカメラの王道ともいえるGoProです。

 

豊富なバリエーションや有り余るアタッチメントの多さが魅力です。

使う人によって機種が選べるのが嬉しいですよね ♪

 

 

オススメはスタンダードなHERO+です。

 

 

1番安価なHEROはディスプレイが無く、Wi-Fiも内蔵されていないので使いにくいです。

 

 

HERO+はディスプレイはありませんが、Wi-Fiが内蔵されているので、スマホアプリで映像や画像を確認する事もできますし、録画もスマホから行うことができます。

 

 

またHERO+LCDはディスプレイ付きのタッチパネルになってますが、取り付けた後に操作はし難いと思うので、HERO+でも十分だと思います。

 

 

特徴

• バリエーションが豊富
• アタッチメントが多い
• 小型
• 高音質&高画質
があります。

 

 

 

バリエーションが豊富

SONYのアクションカムよりも機種が多く、使う人に合ったカメラを選択できます。

 

ただし1番高いものだと約7万円と高額になります…

 

 

アタッチメントが多い

アクションカムの倍以上はアタッチメントの種類が豊富です。

本当にどんな人にでも対応してますよね ♪

 

 

小型

アクションカム同様に小型ですが、さらに小さなHERO sessionというモデルがあります。

 

 

しかもカバーを取り付けなくても防水なので、取り付け場所を選びません。

 

 

しかしsessionはバッテリー内蔵型なので、バッテリーが切れたら充電しないといけないのが難点です。

 

 

その他のモデルはバッテリーが別体なので、スペアを持てるのが利点です。

 

 

高音質&高画質

アクションカム同様で高音質&高画質です。

 

 

ただし安価なモデルだと画質があまり良くありません。

 

 

アクションカムと同画質を求めるなら、アクションカムよりも少しコストの高いモデルを購入する必要があります。

 

 

 

GoPro評価

さてGoProの評価ですが、私的には10点満点中7点です!

 

 

理由としては
• 多少値段が高い
• ブレ補正が多少甘い
• 夜が弱い
• 動画の選択肢が少ない
になります。

(アクションカムと比較してになります)

 

 

値段がやはり多少高いのはちょっと厳しいですが、モデルがたくさんあるので自分に合った金額の商品を選べば問題は無いと思います。

 

 

ブレ補正に関してはほとんどブレは無いのてますが、アクションカムと比較すると少し劣る感じかしました。

 

 

またエントリーモデルだとナイトビジョンが無いので、少し見えにくくなるという点もあります。

 

 

動画の選択肢は高いモデルを購入すればたくさん選べるのですが、エントリーモデルだと多少少なかったです。
(HERO sessionはコストが安く、動画の選択肢も豊富です)

 

 

ですが車載カメラとしては十分すぎる性能があります。
アタッチメントが多いので本当に取り付ける場所に困ることはありませんし、車載以外でもアウトドアで活躍は間違いなしでしょう!

 

 

 

3. まとめ

今回は私オススメの車載カメラとして【SONY アクションカム】と【GoPro HERO+】を紹介&比較してきました。

 

 

どちらも一長一短がありますが、普通の車載カメラとしては十分な性能です。

 

 

またどちらもスマホで操作ができるので利便性も高く、使い勝手が良いです。

 

 

国内産で信頼性の高いアクションカム
色々なアタッチメントで拡張できるHERO+

 

 

皆様も自分に合った車載カメラを選んでみてください!

 

 

今回紹介した車載カメラはこちらからも購入する事ができます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓


SONYアクションカム
ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-AS300」アクションカム HDR-AS300
 

GoPro HERO+
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO+ (Wi-Fi搭載)CHDHC-101-JP
 

各安価モデルはこちらから
SONYアクションカム
SONY ビデオカメラ アクションカム AS30V ウォータープルーフケース付 HDR-AS30V
 

GoPro HERO
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO CHDHA-301-JP
 

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*