ブレーキング

荷重移動のやり方!荷重のかけすぎによる落とし穴を解説!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
今回のテーマは【荷重移動】です!

 
「荷重をしっかりかけて曲がれ!」
「荷重をかけて止まれ!」

 
スポーツ走行をする上で必ず言われる荷重移動ですが、「荷重をかけろ」とはよく聞きますよね?

 
ですがどれぐらい荷重をかければ良いのかは、あまり聞きません。

 
なのでここでは荷重のかけすぎや、その抜き方について解説していきます。

続きを読む

ドアスタビライザーの効果!付けなきゃ損する剛性部品!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回のテーマは【ドアスタビライザー】です。
TRDさんから発売されているドアスタビライザーですが、ドアに取り付けることで剛性アップ!という商品です。
実際この部品でどれだけ剛性が上がるのか、またどのような走りの変化があるのかを記事にしました。

 

 

続きを読む

失敗しない!ブレーキングの2つのポイント紹介!!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆


いきなりですが今回のテーマは【ブレーキング】です。
スポーツ走行で皆さんはどのようなブレーキングをしていますか?
よく
「思いっきりドンッと踏め!」

「街中の急ブレーキと同じぐらい踏め」
と聞きますが、私的には正解であり間違いでもあります。
タイムを出すために強く踏み込むのは大切なのですが、単に強く踏めば良いというもので無いのがブレーキングの難しさですね。

 

 

私の知り合いでも何人かサーキットでスポーツ走行を楽しんでいる方がいます。
ただ言われるのが
「毎回同じ力でブレーキを踏んでいるのに、止まる時と止まらない時がある」

 

と言うのです。
詳しく話を聞くと
「ブレーキングポイントでアクセルを離してからブレーキペダルをすぐに踏んでいる」
ということが分かりました。
なぜこのような安定しないことが起きるのでしょうか?

 

1.ブレーキペダルの踏み方

ブレーキを踏む事で減速が始まります。
しかしこれは厳密には間違いで、アクセルペダルから離した時点でエンジンブレーキやタイヤと路面の摩擦による減速が始まっています。
減速すると荷重移動によりフロントが沈み込みます。
もしアクセルを離してからブレーキペダルをすぐに踏み込むとどうなるのでしょう?
答えは【フロントに荷重が移動していないので制動距離が伸びる】です。
フロントタイヤに荷重が移動していない状態でブレーキを踏み込んでも止まりません。
極端な言い方ですが、タイヤが浮いてる状態でブレーキを踏んでも意味が無いのと同じですね。
また、この状態でハンドルを切っても曲がらないという事にも繋がります。

 

 

強いブレーキをかけるには、アクセルペダルを離してからほんの少し待つ!

 

が正解です。
時間にしたら一瞬ですが、そこがポイントなのです。
今まですぐにブレーキペダルを踏んで止まらなかったという人は、言い方を変えればそれだけ瞬発力があるという事です。
それは強い武器なのでこれからも活かしていってください ♪

 

2.ブレーキのリリース

制動は安定してできるけど、ブレーキングでオーバーがでる
こういった方はブレーキリリースで解決する場合があります。
(これで解決しない場合は車のセッティングに問題あり)
強いブレーキングで荷重はフロントに移動しています。
そしてそのままの力でブレーキを踏み続けると、リアの荷重が無くなりオーバーが出ます。
ブレーキングポイントで強いブレーキをかけた後は、ブレーキペダルを徐々に離していきます。
10の力で踏んだとして、9…8…7…6…というように弱めてくイメージです。
「ブレーキを緩めたら止まれないのでは?」
こう思う方もいると思いますが、確実に止まります!
速度が落ちていけば、ブレーキを緩めていっても制動力は落ちません。
街乗り速度の状態で50mで止まれと言われたら、ゆっくりブレーキを踏みますよね?
200km/hの状態で50mで止まれと言われたら、思いっきりブレーキを踏みますよね?
それと同じです。
制動力を数字で表すと全然違いますが、同じ距離で止まるということでは違いはありません。
速度が落ちていれば、ブレーキをリリースしていっても止まるのです。
こうすることでリアの荷重不足が避けられ、またフロントタイヤに荷重の乗りすぎでアンダーになることも防げます。

 

 

難しそうですが、車を一定の姿勢に保つイメージでブレーキをリリースしていけば上手くできると思います。

続きを読む

荷重移動のやり方教えます!失敗しない3つのポイント!

荷重移動

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

運転が上手くなりたい!
速く走れるようになりたい!
自在に車をコントロールしたい!

走るのが好きな方なら必ず思う事ですね。

そして雑誌等を参考にしていくのですが、必ず出てくるワードがあります。

それは【荷重移動】です。

文字通り車の荷重を移すことなのですが、ドラテクはこの荷重移動の塊と言っても過言ではないでしょう。

そんな荷重移動について本日はお話ししたいと思います。

続きを読む

速いコーナリング&ブレーキング!【教えます!】

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今回は【コーナリング&ブレーキング】についてです。

この2つには他にも大切な箇所があるのですが、それは【タイヤ】【サスペンション】です。

まずコーナリング&ブレーキングに触れる前にタイヤについて少しお話を。

 

• タイヤのグリップ種類

タイヤは「縦グリップ」と「横グリップ」が存在します。

縦グリップは加減速に
横グリップはコーナリングに使います。

続きを読む

スムーズなコーナリング方法は?ハンドル操作やペダルワークはイメージ!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回は自分のおさらいも兼ねて、ハンドルの切り方&ペダルワークのお話をしていきます。

一体どのようなハンドルの切り方やペダルワークが良いのでしょうか?
基本は
全てを100にして考えるとイメージしやすいです。

例えば
90の力でブレーキを踏んだら、ハンドルは10切ります。
ハンドルを60切ったらアクセルは40踏み込みます。

このように、全ての操作を足し算して100になるようにしていきます。

するとスムーズに運転することができます。
もちろん荷重の関係もあるので、この限りではないですが、基本はこれだと私は思っています。

よく荷重をかければ曲がると言いますが、荷重が乗っていれば曲がる!は不正解なんですよね…

タイヤには縦のグリップと横のグリップが存在します。

ストレートからのブレーキでフロントに荷重が乗りますが、これはタイヤの縦グリップを使っているので、この時にハンドルを切っても曲がりません。

そこでブレーキを緩めていき、縦グリップを減らしながら横グリップを使えるようにしていきます。

タイヤも数字で表せます。

ストレートからのブレーキで縦グリップが100になります。
そこでブレーキを緩めていくと90…80…70と減っていきます。
ここでハンドルを100になるように切り込んでいくと、横グリップが10…20…30と上がっていきます。

うーむ…

ゆかり3
難しいですね…

しかし、アバウトな走り方では絶対に早くはならないので、できなくてもイメージしながら走ることはかなり大切になります!

タイヤは常に変形しながら転がっています。
段差は勿論、加速時や減速時、またはコーナリング時等常に変形します。

タイヤが今どの様な状態なのかというのもイメージしながら走ることも大切です。

話が少しズレちゃいましたね^^;

ハンドルとペダルワーク操作はリズムなので、テンポ良く操作してください!

もししっかりと基本通りにやっていても曲がらなかったり、曲がりすぎる時は車のセッティングを見直してください。

良い操作をしているのに、車がダメだと変な癖がついたりします。

よく「道具に頼るな!」と聞きますが、私の場合は「道具に頼れ!」と言います。

ダメな物でいくら練習してもダメなままなんです!

ある程度しっかりした車で練習してください。

本当は車が悪いのに「あぁ、自分の腕がないから上手くいかないんだ…」と勘違いする人もたくさんいます。
それはかなり勿体無いことです。

もし練習中に
あれ?何かおかしい?
と思ったら、一度セッティングも見直してみてください。
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。