剛性

ロールバーの効果! 気になる剛性と車検の話

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
今回は【ロールバー(ロールケージ)】について紹介していきます。

 
ロールバーは乗員保護の目的が大きいですが、やっぱり剛性もどれぐらい変わるか気になりますよね?
それでは見ていきましょう!

続きを読む

ドアスタビライザーの効果!付けなきゃ損する剛性部品!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回のテーマは【ドアスタビライザー】です。
TRDさんから発売されているドアスタビライザーですが、ドアに取り付けることで剛性アップ!という商品です。
実際この部品でどれだけ剛性が上がるのか、またどのような走りの変化があるのかを記事にしました。

 

 

続きを読む

ロールバーで剛性アップ!安全性だけじゃない性能!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
皆さんはロールバーを組んでますか?
そしてロールバーはどんなイメージですか?
私は
「ロールバーは乗員保護のためのものであり、剛性に関してはそこまで向上しない、重量増のデメリットの方が大きい!」
と思ってました。
思っていたんです…
しかし、この度他県のサーキットを走るためにロールバーをMR-Sに組みました。
そして軽く試走してきたのですが、それだけで私の中のロールバーに対するイメージが正反対になりました。
ロールバーを付けると、車の剛性がかなり向上しちゃったのです!
ちなみに私の組んだロールバーは
ボルトオンタイプのメインアーチ+サイドバーのみの4点式です。
ダッシュボードまである本格的な物ではないのに、車が激変しました。
ということは、本格的なものだとかなりの剛性アップになるという事です。

 

具体的にどのような変化があったかというと
1. 乗り心地がマイルドになった

2. ハンドリングが素直になった

3. リアのバタつきが無くなった
の3点です。

じゃあ1個づつ説明していきましょう ♪

 

1. 乗り心地がマイルドになった

乗り心地を良くするにはサスペンションを動かしてやるしか方法はありません。
どんな高級車でもサスペンションが動かなくては乗り心地は最悪ですよね?

つまりロールバーを組んだ事によりサスペンションが良く動くようになった!

ということですね。
やはり路面からの衝撃はボディ(室内)に逃げていたものも考えられます。

2. ハンドリングが素直になった

これも乗り心地が良くなったのとほぼ同じですね。

車体のヨレが少なくなったことにより、舵角に対しての反応スピードが良くなったものと考えられます。

ハンドリングが素直になるので、すごくコントロールがしやすくなり、今まで以上に安心したドライビングができるようになりました ♪

 

3. リアのバタ付が無くなった

乗り心地が良くなった同様にサスペンションの動きが良くなったからだと考えられます。

今まではリアに高いレートのスプリングを入れていたのですが、柔らかいスプリングにしたようなしなやかさに加え、ボディのヨレが少なくなったので、正確にサスペンションが動いている感じです。

極端かもしれませんが、サスペンションが今どれぐらいストロークしている…というのが分かってしまうほどです。

 

 

 

とまぁ、ロールバーの手ごたえは良い感じです。
ストラット タワーバーやロアアームバーとはまた違った剛性の上り方ですね!

タワーバーやロアアームバーはハンドリング等に関係してきますが、ロールバーはフィーリング系がかなり向上することが分かりました。
ただの乗員保護の部品ではないロールバー…
かなりレーシーな雰囲気になりますが、もっと車をコントロールしたい人にはオススメです☆

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【関連記事】
• タワーバーの本当の効果!(オススメ)
• ロアアームバーの驚きの性能!

物欲センサー発動!この場所のボディ補強は効果絶大!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

私気になる部品が出てきました…

それがこちら!

フェンダーバー
フェンダーの中に入れる補強部品です。

補強部品は色んな種類がありますが、中でもこのフェンダー内部の補強部品はかなり効果があるみたいですね。

フェンダー部とバルクヘッド部を一体化させることで、ボディに統一感を出すものだと私は思っているのですが、実際付けたことが無いので何とも言えないのが本音です…

ただやはり補強部品なので、サスペンションがしっかり動くようにはなると思います。

バルクヘッド部の剛性が上がるために、リニアなハンドリングになりそうですよね!

デメリット等は無さそうです。
強いて言えば多少の重量増になると思いますが、メリットの方がかなり大きいでしょう。
元々バルクヘッド部とフェンダー部の取付角度は約90度ですが、この部品を取り付けることにより三角で支える事になります。

三角はかなり強度があるので、建築にも使用されています。

確かに理にかなっているこの部品…

買ってみようかな…
そしてもう一つが室内に取り付ける補強部品のサイドバーです。

サイドバー

MR-Sはオープンボディなので、どうしてもコックピット部の剛性が低いです。

私のMR-SはTRDのボディスタビライザーを使用する事で室内の剛性を少しは上げてますが、ブレーキング時のさらなる安定性を求めて付けようか迷っています…

S2000の時に自作で付けてたのですが、ブレーキが結構リニアな感じになりました。
ただ若干突っ張る感じになってしまったんですよね…

しかし、MR-SとS2000では元の剛性が違うために導入を考えています。

おそらく近いうちに導入すると思いますが^^;

このように色々な補強部品が存在します。
部品によって取り付ける箇所は違いますが、サスペンションをしっかり動くようにしてやるという目的は同じです。

 

その他のボディ補強記事

タワーバーって実はこんな部品なんですよ!

ボディ補強の有効箇所はここだ!

 

どんどんボディを補強していくとサスペンションのキャパが足りなくなるかもしてませんね…

車はトータルバランスが大切です!
一つの事をやる時は常に先の事を考えてチューニングしていきたいですね!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ボディー補強の有効場所!ここをしっかりと強化しよう!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

 

以前タワーバーについて書きましたが、今回は効率の良い補強方法について書いていきます!

 

記事リンク


タワーバーの効果はこうだ!

 

ボディ補強で大切なことは
《サスペンションをしっかり動かす補強をする》
ということです。

 

では一体どこを強化していけば良いのでしょう?

続きを読む

タワーバーの効果!意外と知らないメリットとデメリット!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

今回は自動車の部品について詳しく、私なりに思考&解説していこうと思います。

 

 

今回取り上げるパーツは
《タワーバー》
ボディ補強部品の代名詞と言っても過言ではないのでしょうか。
この物凄く有名で、最初に取り付ける補強部品No.1であるタワーバーのメリットとデメリットを思考&解説していきます。

 

続きを読む