オイル添加剤の効果を検証!オススメの3つを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

 

今回のテーマは【添加剤】です!

 

 

添加剤等のケミカル用品…本当に効果はあるのでしょうか?

 

 

実際に私が試した添加剤等を数種類レビュー等の紹介をしていきます!

 

スポンサードリンク



 

添加剤紹介

 

HKS DDR

燃料添加剤

こちらは燃料に混ぜるタイプの添加剤になります。
正確には添加剤というよりは【洗浄剤】になります。

 

 

使い方はガソリンタンクに1本入れるだけです。

DDRはガソリンに添加し、そのガソリンの通る経路を洗浄する働きをします。

 

 

つまり
1. 燃料ポンプ
2. 燃料ホース&パイプ
3. インジェクター
4. 吸気バルブ
5. ピストン
の洗浄に効果があるのです。

 

 

効果

実際使ってみた感じは、パワーアップ系の添加剤ではないので体感はありません。

 

 

ですがこれを使用した後にオイル交換をすると、オイルが真っ黒になって出てきます。

 

 

私は約3000キロでオイル交換をしますが、使用してない時は透明感がまだ残っているオイルが出てくるのですが、DDRを使うと真っ黒になります。

 

 

おそらくエンジン内部のピストンや吸気バルブのカーボンやスラッジが溶けて、オイルに混ざっているのだと思います。

 

 

気になりプラグを外してシリンダー内を確認しましたが、ピストン上部に所々アルミの光沢が出ています。

 

 

使用前はピストン上部が真っ黒だったので、やはりカーボンやスラッジが落ちていました。

 

 

バルブの確認は特殊なカメラか、エンジンを分解しなければ確認できないため、どれぐらい落ちたかのは分かりませんでした。

 

 

先ほど体感できなかったと書きましたが、オイル交換後は車がスムーズに走るようになりました。

 

 

「オイル交換したからでしょ!」

 

 

と言われそうですが、単にオイル交換した感じよりも遥かに車が滑らかに走ってくれます。

 

 

今まではDDRによりカーボンやスラッジが混ざったオイルだったため、効果が解りにくかったのだと思います。

 

 

いや、本当にこれはお気に入りです(笑
値段も安いので、かなり気軽に使用できる商品ですね ♪

 

 

 

X-TECH(クロステック)

オイル添加剤 オススメ

こちらはエンジンオイルに混ぜる添加剤です。
使用する時はオイル量に対して5%となっており、約3リッターのオイルが入るエンジンには150ccの添加剤を入れてください。

 

 

エンジンオイル添加剤のクロステックは、エンジン内部のフリクション(摩擦)を弱くし、エンジン本来のパワーやトルクを引き出してくれるみたいですね。

 

 

添加するとオイルが良くなるのではなく、クロステックの成分により金属表面に作用するみたいです。

つまり被膜を作り出してくれるという事ですね。

 

 

エンジンオイルだけでなく、ミッションやデフといった場所にも添加可能で、ミッションギヤのフリクション低下によるスムーズな加速やシフトチェンジ、デフの動作向上や摩擦による油温上昇も抑えられるとか…

 

 

うーん…あやしい(笑

 

 

しかし、スーパーGTのエンジンやミッション等の組み付けの際にオイル代わりに使用されてるとの事で、私も使ってみました!

 

 

効果

入れた直後はほとんど体感できませんでした。

 

 

こんなものか…

 

 

と思いながら説明書を読むと
【500km以上走行してください】
との記載が…

 

 

皆様も説明書はちゃんと読みましょう(笑

 

 

説明書通り500km走行しエンジン回転数を上げると、スムーズに回転が上がっていきます。

 

 

物凄い!!と言うほどではないですが、滑らかな回転の上がり方です。

 

 

パワーアップやトルクアップを謳い文句にしてましたが、私的にはエンジンが静かになった事が凄く印象に残りました。

 

 

排気音や吸気音の他に、エンジンのノイズが車内に篭っていたのですが、そのノイズがほとんど聞こえなくなりました。

 

 

ミッションやデフも使用可能とありましたが、私はエンジンオイルのみの添加だったので、すみませんがミッションやデフのレビューはできません…

 

 

しかしエンジンオイルの添加で結構分かるぐらいの変化だったため、ミッションやデフに使用してもかなりの変化があると思います。

 

 

注意点としては、AT(オートマチックトランスミッション)には添加不可なので、絶対に使用しないでください。

 

 

値段は少々高いですが1度使うと約15,000km走行、またミッションやデフは1〜2年効果が持続するのでランニングコストは良いです。

 

 

 

D1ケミカル SOD-1plus

オイル添加剤 SOD

こちらもオイルに添加するタイプです。
この添加剤もフリクションの低減に効果があるのですが、なんと洗浄効果もあるみたいなのです!

 

 

またエンジンだけでなく、ミッションやデフ等様々な箇所に使う事ができる添加剤だとか…

 

 

しかも実際にD1グランプリでの使用歴もあるらしく、選手のコメントが

 

 

「ミッションは、シフトアップはスムーズで、シフトダウンはすっと入る感触。
ドグミッションなのに変速時の音が静かになった事が体感できた。
ミッションオイル交換時には、普段は金属磨耗粉でオイルがギラギラになるが、明らかにギラギラが減っていて磨耗防止効果を実感した」

 

 

と言っていました。
(実際に自動車新聞に記載もありました。)

 

 

これは使ってみなくては!
と思い、早速自分の車のミッションに添加しました。

 

 

効果

説明書きには3,000〜5,000kmの走行により効果が現れるとありましたが、いやいや、入れた直後からシフトフィーリングが良い感じです!

 

 

大袈裟かもしれませんが、ワンランク上のミッションオイルを入れて、ミッションもオーバーホールしたかのようなシフトチェンジになりました。

 

 

元々私の車のミッションはギヤ鳴り等は出てなかったので、静音性の確認はできませんでしたが、かなりシフトチェンジがスムーズになったのでこれはかなりオススメできます!

 

 

バイクの湿式タイプのクラッチがあるミッションにも使用できるみたいです。

 

 

これは凄い!
でも実は私は知っていたのです(笑

この添加剤ですが、仕事で使用しています。

 

 

ホンダ車はCVTミッションでよく発生するジャダーという現象があります。
(初代フィットやモビリオ等)

 

 

これを直す方法はディーラーでオイルを交換し、焼き付け作業をしてから、またミッションオイルを交換する必要があります。

 

 

ですがミッションオイルを交換し、その時にこの添加剤を入れると直ってしまうのです。

 

 

ここだけの秘密ですが、最近はディーラーさんでもこの添加剤を使ってジャダーの修理をしてたりするんですよね(笑

 

 

なのでこの添加剤の信頼性は本当に高いのでオススメです!

 

 

まとめ

いかがでしたか?
なんか凄くあやしい商品ばかりでしたよね(笑

 

 

私も最初はそう思ってましたが、いざ使ってみるとどれも体感できる添加剤でした。

 

 

添加剤は意味が無い!

と言う方もいますが、私的には
「使ってみないと分からない!」
です。

 

 

確かに効果の弱い添加剤も多々ありますが、今回紹介した添加剤は、実際に私が試して体感できたのものみを取り上げました。

 

 

少し金額が高いですが全量を入れるわけでは無いので、仲間で1本買えばかなりコストが安くなると思います。(DDRを除く)

 

 

今回紹介した添加剤一覧はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

オススメ洗浄剤 HKS DDR

HKS DDR Direct Deposit Remover(ダイレクトデポジットリムーバー) 洗浄系燃料添加剤 225ml 52006-AK001
 

オススメ添加剤 X-TECH

X-TECHクロステック★メタルトリートメント320cc★添加剤 320ml 燃費向上・馬力アップ・耐久性向上! 金属表面処理剤 X320
 

オススメ添加剤 SOD-1plus

SOD-1 plus(プラス) オイルメンテナンス剤 1リットル
 

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*