オススメのレーシンググローブ&シューズ!初心者必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

今回のテーマは【サーキットの装備】です!

 

装備と言っても車じゃありませんよ?
自分が身につける【レーシンググローブ】【レーシングシューズ】【レーシングスーツ】についてです!

 

初心者の方が悩みがちなサーキット走行時の衣服類…

 

そんな私オススメの装備を紹介していきます。

スポンサードリンク



 

サーキットの装備

 

基本的にサーキットでは
• グローブ
• シューズ
• 長袖長ズボン
を装備しなければいけません。

 

普段裸足やシューズを脱いで運転してる人も、きちんとシューズを履いて運転しなければいけません。

 

真夏の場合でも長袖長ズボンは必須で、これは万が一の時に怪我を最小限に抑えたりするためです。

 

ですが専用品は結構なコストがかかる…

 

JAF公認レース等の場合は、認定された装備が必要になりますが、一般的な走行会やフリー走行の場合は認定品でなくても大丈夫です。

 

そんな走行会やフリー走行の時用に、私が実際に使用しているグローブ等のオススメを今から紹介しましね!

 

 

レーシンググローブ

 

私が使っているグローブは【Alpinestars(アルパインスターズ)】製の物です。

 

グローブといったら!ぐらいの老舗メーカーなのですが、老舗だけあり作りも丁寧で、また予算に合った色々な種類のグローブが販売されています。

 

Alpinestarsの由来は
アルプスの一番高いところに咲く花である“Star Alpina”から名前を取り“Alpinestars”とした。
との事で、由来もちょっとカッコイイですよね(笑

 

なんだか【高嶺の花】みたいな感じです(笑

 

でもエントリーモデルは高嶺の花ではなく、かなりお手頃なんですけどね(笑

 

Alpinestarsのグローブなどれも手のひら部分に滑り止め加工れています。

 

かなりグリップする滑り止めではなく、ある程度滑るような感じのフィーリングでした。

 

咄嗟の時にハンドルにグリップしすぎて腕を持ってかれることも無さそうです。

 

私が使用しているのは【TECH 1 START GLOVES】というタイプで、定価が14,800円とエントリーの少し高いモデルです。

アルパインスターズ レーシンググローブ FIA

 

ですがこの価格でFIA公認なので、公式レースにも出ることができちゃいます。

 

 

またさらにコストの安い【TECH1-K RACE】というタイプもあり、価格が6,800円とかなりお手頃ですね ♪

アルパインスターズ レーシンググローブ

 

私も昔メカニックグローブ等を付けて走ってましたが、滑ったり質感が悪かったりしました…

 

グローブはしょっちゅう買い換える物でもないので、メーカー品を考えてみてはいかがですか?

 

 

レーシングシューズ

 

グローブの次はシューズですよね!

 

「普通のスニーカーと何が違うの?」

 

私も思ったことがあります…

 

レーシングシューズは普通のスニーカーの違い、ペダルの操作感をダイレクトに感じれるように作られています。

 

なので一般的なスニーカーよりも細かい操作が可能になったり、微妙なペダルコントロールができたりします。

 

また底もグリップする素材なので、しっかりとしたペダル操作をすることができます。

 

さらにフィット感も良いので、運転していても疲れません。

 

本当に自分に合ったシューズを履くと、裸足で運転しているかのような感覚になるそうですよ ♪

 

こちらもAlpinestarsから発売されています。

 

コストの安いモデルとして【TECH 1-K START SHOES】という商品があります。

アルパインスターズ レーシングシューズ

 

値段も14,800と意外と安いですよね ♪

 

高いモデルだと70,000円超えたりするんですよね…

 

こちらもグローブ同様、一回購入すれば数年は使用できるので、せっかくならこちらも揃えておきたいですよね ♪

 

 

 

レーシングスーツ

 

最後はレーシングスーツです。

 

が!

 

レーシングスーツはかなり価格が高かったりします…

 

本当はあったほうが良いのですが、基本的に公式レースではない限り【長袖長ズボン】でOKなので、動きやすいツナギ等でも大丈夫です。

 

ただレーシングスーツはもしもの時のために、難燃性の素材が使われていたり、強度の高い作りだったりするので、ドライバーを保護してくれる役割もあります。

 

必ずしも必要!な装備では無いですが、やはり自分用の一着を持っていると重宝します。

 

でもレーシングスーツまでは…

 

という方には作業用のツナギでも十分です。

 

Tシャツ等ですと、裾の部分が巻き込まれる可能性もあります。

 

またベルトを付けていると、シートベルトに隙間ができてしまったりと、微妙なフィット感が薄れてしまうので、ツナギが結構優秀だったりします(笑

 

なによりも、ツナギを着てると

自分のやる気も上がりますよね(笑

 

 

 

まとめ

サーキットを走るにはある程度の装備が必要ですが、必ずしも専用品を使わなければいけない!という事はありません。

 

【レーシンググローブ】【レーシングシューズ】【レーシングスーツ】と3点紹介してきましたが、中でも私が絶対必要と思うのがグローブです。

 

シューズも普段使ってるスニーカーで大丈夫ですし、スーツもツナギや長袖長ズボンであれば問題はありません。

 

ですが、グローブだけは軍手や防寒用手袋等は使用禁止なので、1つは持っておきたいです。

 

今回紹介した装備はこちらからも参照することができます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【レーシンググローブ】
アルパインスターズ
エントリーモデルタイプ
alpinestars(アルパインスターズ) TECH1K RACE GLOVES BLACK/YELLOW FLUO L 3552012-155-L
 

アルパインスターズ
FIA公認モデル
アルパインスターズ レーシンググローブ TECH1-START ブラック Mサイズ FIA8856-2000公認モデル
 

【レーシングシューズ】
アルパインスターズ
エントリーモデルシューズ
alpinestars(アルパインスターズ) TECH 1-K START KART SHOES BLACK/WHITE 7 2711515-12-7
 

【ツナギ】
Prono(プロノ)作業用長袖カーゴツナギ/116-420H/(綿100%ツナギ)/チャコールグレー/3L
 

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*