新型シビックが発表!スペックや内外装紹介!国内販売は来るのか?


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

今回は新しく発表された【新型シビックハッチ】についてです。
新型シビックタイプR(FK2)が以前登場しましたが、今回のシビックはどのような仕様になっているのでしょう?

 

また価格やグレードはどのような設定になっているのかを紹介していきます!

 

スポンサードリンク


新型シビックハッチ

 

英国ホンダが発表した【シビックハッチ】

 

昔から愛され続けられてきたシビックの最新モデルが気になる人もかなりいるのではないでしょうか?

 

シビックハッチというぐらいですから、やはりシビックタイプRの元祖であり、ホットハッチな【EK9】を連想しちゃいますよね ♪

 
走りや価格が魅力的だったシビック…

 

いったい今回のスペックは?またスタイルは?

 

内外装紹介

 

エクステリア

 

エンジンスペックの前に外装を少し見てみましょう ♪

 

フロントから見た感じですが、ローワイドな見た目になっていて個人的には結構好きです。

新型シビックハッチ フロント
ヘッドライトとグリルが一体的な繋がりもあり、凄くシャープな印象です。

 
またスポイラーも主張しすぎないこじんまりとした大きさですが、フロント、サイド、リアの繋がりがあり、まとまったデザインだと思います。

 

新型シビックハッチ 外装

 
リアを見た印象は、正直言ってしまうとフィットかな?っと思いました 笑

新型シビックハッチ リア
ただ、ディフューザーであったりセンター出しのマフラーだったりと、スポーツ感はしっかりと出ています。

 
テールランプとリアスポイラーとの繋がりも一体感があり綺麗です。

 
またリアスポイラーは2枚ついており、上はウイング、下は整流目的になっているものと思います。

新型シビックハッチ ウイング

 

 

インテリア

 

ハンドル周りですが、現代風のインパネですよね 笑

image

 

新型シビックハッチ メーター

 

また良くも悪くも【ホンダ車】の印象があるメーター周りだと思います。

 

 

ナビ(オーディオ)は一体型に見えます。

新型シビックハッチ ナビパネル

 

もしかしたらオーディオレス車は無いのかもしれません。

 
最近の車はオーディオレスも少なくなってきましたし、これが段々と普通になるのかもしれませんね。

 
またタッチパネルのようなので、ボタンやダイヤルが無い分コンパクトになっているのだと思います。

 
シフト周りはドリンクホルダーがあったりと至って普通に見えますが、ボタンにPマークがある事から、サイドブレーキは電気式になっているのかもしれません。

新型シビックハッチ シフト周り

 

ジムカーナ等でサイドターンができるのか心配ですが、サイドブレーキレバーが無い分、室内の統一感等がでるのでしょう。

 
ここは賛否両論が出そうですね 汗

 

エンジン

 

そして本題のエンジンです ♪

新型シビックハッチに搭載されるエンジンには種類があり

• 1L 3気筒 直噴ガソリンターボ
• 1.5L 4気筒 直噴ガソリンターボ
• 1.6L 4気筒 ディーゼル
の3種類とあります。

 

 

パワーが

 

• 1L 直噴ガソリンターボ 101ps
• 1.5L 直噴ガソリンターボ 176ps(*182ps)
• 1.6L ディーゼル 不明

(*182psはアメリカ仕様)

 

となっているみたいですね。

 

 

またタイプSが出るとのことですが、こちらは

1.5L 直噴ガソリンターボ 201ps(欧州向け)

となる噂です。

 

 

初代シビックタイプRのEK9のパワーが、1.6LのNAで185psとなっているので、数値だけ見たら「あれ?ターボなのに?」となるかもしれません。

 
ですがやはりターボはトルクがあり、最高24.5kgm.fも出ちゃっています。

 
1.5Lでこのトルクがあればグイグイ進んでいきそうです ♪

 
初代タイプR時代は高回転でパワーを出していましたが、時代の流れか低回転からのトルク型になってきた感じです。

 

スポンサードリンク




 

価格

 

グレード毎に価格が違うのですが、発表された価格は以下の通りです。

 
LX
• CVT:約199万円
• 6MT : 約208万円

 

EX
• CVT:約230万円

 

EX-L NAVI
• CVT:約255万円

 

SPORTS
• 6MT:約215万円
• CVT:約223万円

 

SPORTS TOURING
• CVT:未定

 
LX、EX、EX-Lはどちらも1.5L 直噴ガソリンターボの174ps仕様で、SPORTSは1.5L 直噴ガソリンターボの182ps仕様らしいです。

 

またこれらはすべてアメリカ国内向けとなります。

 
欧州向けには、先ほどの1.5L 直噴ガソリンターボの他、1L 直噴ガソリンターボと1.6Lディーゼル、それに1.5L 直噴ガソリンターボ(タイプS)が販売されるみたいです。

 
現在のシビックタイプR(FK2)やその1つ前のユーロR(FN2)も欧州車だったので、やはりヨーロッパはスポーツグレードに需要があるのかもしれません。

 

販売時期

 

エンジンスペックと価格が出たら、もう後は販売時期ですよね!

 

現在、販売予定時期は2016年秋にアメリカ国内、2017年に欧州で販売予定とのこと。

 
その後に日本国内での販売もあるかもしれません。

 
ただ今までも欧州やアメリカのみで販売してきた例もあるので、もしかすると日本は逆輸入しないと購入できないケースもあるかもしれません。

 
ですが2017年に日本国内販売が始まったとしたら、2018年に販売予定の新型スープラと一緒に走れる日が来ることになりますね ♪

 

 

まとめ

まだまだ不明な点も多い新型シビックハッチ。

 

足回りはどうなのか?
車重は軽いのか?

 

知りたいことはたくさんあると思います。

 

ですが昔から人気のあるシビックが、日本市場に再び参入してくるかもしれない事は非常に嬉しいことです。

 
ただ純国産車ではないことが少し残念ではありますが、こういった形でも昔からある名車が残り続けるのは嬉しいことです。

 
もし日本市場に出ることになれば【ユーロR】
として出るのでしょうか?

 
またFK2みたいに限定車として出てくるのかは不明ですが、今後の発表を楽しみにしたいですね ♪

 
色々分かり次第どんどん追記してきいます。

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【関連記事】
新型スープラ発表!FT-1のスペックは!?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*