トーインで車の限界アップ!?安定性を変えるアライメントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

街中を安心して運転するのにも、サーキットて速く走るにも【アライメント】が重要になってきます。

 

アライメントがしっかり取れていないと、車の動きが不安になったり、タイヤの片減りが発生したりします。

 

またサーキットでは限界やハンドリングを上げる事もアライメントで変化させることができます。

 

今回はそんなにアライメントの一つである【トー角】を解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

アライメントとは

アライメントとは、全てのタイヤの向きや角度の事を言います。

 

この角度や向きがちゃんとしていないと、車がふらふらしたり、真っ直ぐ走ってくれなかったりします。

 

アライメントの測定や調整は車屋さんやタイヤ屋さんに問い合わせれば行ってくれます。
(要予約の場所が多い)

 

 

トー角とは

さて、今回のテーマであるトー角です。

 

アライメントの一つであるトー角とは、車を上から見たときのタイヤの開き方のことを言います。

 
例えば画像のようならフロントトーイン

トーイン
こちらのようならフロントトーアウト

トーアウト
となります。

 

 

基本一般車はフロントもリアもほんの少しトーインまたはトー角0度になっています。

 
フロントのトー角はハンドリングに大きく影響し、リアのトー角は安定性に大きく影響してきます。

 

 

トー角の調整方法

フロントはタイロッドを回せばトー角を調整することができます。

 

調整方法は○印のロックナットを緩ませ、矢印のタイロッドを回すだけです。

フロントトーイン調整方法

 

右ネジなので、右に回せば縮み、左に回せば伸びてきます。

 

タイロッドがタイヤ前方にある車は縮ませればトーインに、タイヤ後方にある車は伸ばせばトーインになります。

 
先程の写真の車だとタイヤの後方にあるので、トーインにする時は伸ばしてやります。

 
調整する時は少しずつにしてください。
またどれだけ回したかをメモしてとくと、戻すときに便利です。

 

スポンサードリンク



フロントトー角による変化

ハンドリングに影響してくるフロントトー角ですが、トーインとトーアウトでどのような変ががあるのでしょう?

 

 

フロントトーイン

先程も書きましたが、フロントは基本トーインになっています。

 

これは直進性を安定性させるためで、ハンドリングは少しダルい方向に変化します。

 

街乗り走行ならトーインまたはトー角0度で問題ありません。

 

 

フロントトーアウト

トーインの特性とは反対で、ハンドリングは良くなりますが、直進性安定性は弱くなります。

 

ですがネガティブキャンバーと相性が良く、車高を落としてある車両ならほんの少しトーアウトでも問題ありません。

 

サーキットを走るならトーアウトをオススメしますが、あまりトーアウトにし過ぎると限界が少なくなる事もあるので、少しづつ確認しながら調整していってください。

 

 

リアトー角による変化

リアは安定性に影響してきます。

 

特に濡れた路面等ではリアのトーによる影響が顕著に現れます。

 

 

リアトーイン

リアのトーをインにする事で、車のコーナリング限界がかなり上がります。

 

サーキットなら、今まで滑ってしまってアクセルを踏めなかった箇所も踏んで行けるようになるため、タイムアップも容易にできる事もあります。

 
ただし、コントロール性はかなり落ちてしまいます。
なので滑り出しが分かりにくくなったり、滑ってからスピンまでの速度が速くなったりと、車がピーキーになるので、こちらも角度の付け過ぎには注意が必要です。

 
ちなみに私の車はほんの少しだけトーインにしてあります。

 

 

リアトーアウト

リアをトーアウトにする事で車の限界が下がります。

 

ハンドルを切るだけでリアが流れ出そうとするため、一般的にリアをトーアウトにはしません。

 
直進性安定性も損なわれるため、オススメはできません。

 

スポンサードリンク




 

アライメントの基準値

どの車にも純正の基準値が存在します。

 

例えばS2000なら

 

前輪
• トータルトー +00度00分
許容範囲±00度10分

• キャンバー -00度30分
許容範囲±00度30分

• キャスター  +06度00分
許容範囲±00度30分

 
後輪
• トータルトー +00度30分
許容範囲±00度10分

• キャンバー -01度30分
許容範囲±00度30分

 

 

となっており、この範囲を超える数値にすると片減りやハンドリングの低下を招きます。

 

ただしサーキット走行ではキャンバーは基準値を超えるようにセッティングする事もあります。

 
ですがトー角は基準値を超えると扱いにくい車になってしまうので、なるべく基準値を超えないようにしましょう。

 

 

まとめ

走行で最も影響があるのがトー角です。

 

トー角がバラバラだったりすると不安定な動きになったり、車の性能が低下したりしてしまいます。

 

またサーキットではトー角を調整することで限界を上げてタイムアップを狙うこともできますが、同時にピーキーな特性になる事もあるので注意してください。

 
まずは基準値を目安にし、そこから少しずつ調整していく方が確実です。

 
見た目では正確な数値も分からないので、定期的に測定してみるのも良いかもしれません。

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*