オススメの車用空気清浄機を紹介!花粉やタバコの臭いを防ぐ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

春と言えば辛いのが【花粉】…

 

私も花粉症なので辛さはかなり分かります…

 

でもせめてドライブだけでも楽しみたい!

 

そう思い、今回は車内をクリーンにしてくれる空気清浄機を紹介していきます。

 

スポンサードリンク


車用空気清浄機を使ってみよう!



 

今回使用した空気清浄機は【teyimo 車用空気清浄機】になります。

 

普通、車用空気清浄機と言えばドリンクホルダーに入る筒状のタイプが多いのですが、この空気清浄機は平べったいタイプでした。

 

ダッシュボードに置いたり、コンソールボックスに置いたりして使うことができます。

 

筒状のタイプよりもスペースは使いますが、その平べったい形を活かして大きいソーラーパネルが付いています。

 

teyimo空気清浄機はこの【ソーラーパネル】と【シガーソケット(アクセサリーソケット)】から電源を取っています。

 

 

teyimo空気清浄機の特徴

 

この空気清浄機の特徴は

 

• ライト点灯による運転モードの確認
• 切り忘れ防止付きで8時間で自動的に電源OFF
• アロマスポットに香水を入れる事で自分の好きな匂いを出せる
• 押しやすい大きなスイッチ
• 低騒音
• プラズマクラスター付き
• 活性炭入りフィルター

 

等があります。

 

 

中でもプラズマクラスターがかなり惹かれます。

 

花粉以外にも車内の臭いを除去し、快適なドライブが楽しめそうです。

 

またフィルターは本体裏面のカバーをスライドさせれば取り外して交換することができます。

 

 

teyimo空気清浄機の付属品

 

パッケージを開封すると
• 本体
• 電源ケーブル
• 電源プラグ
• 滑り止め
• 香料タブレット
• 清掃用ブラシ
• 取り扱い説明書
が入っています。



 

香料タブレットはお試し的なやつなので、自分の好きな香水を、本体のタブレット取り付け場所に数滴垂らしても大丈夫みたいです。

 

 

 

運転のしかた(使い方)

この空気清浄機はソーラーパネル部分を後方へスライドする事でスイッチ等が操作できます。

 

 

スイッチは【LIGHT】と【MODEL】の2つがあり、LIGHTは運転モード時に光るライトのON•OFF、MODELは運転モードの変更です。

 

 

専用のソケットが付属しており、そこに1.0Aと2.0Aの文字が書かれています。



 

説明書には書かれていませんでしたが、風力の強弱は電源ケーブルを1.0Aか2.1Aに差し込む事で調節できます。

 

結構ここら辺はアナログですね 笑

 

 

電源ケーブルは本体の裏側に差し込み口があり、こちらから電源を取り入れます。



 



 

電源ケーブルは約1.2mあるので結構余裕があり、任意の場所に本体を設置してもコードが短いということは少なそうです。

 

 

上部をスライドさせると香料タブレットの取り付け場所があるので、そこに付属のタブレットを入れました。



 


(入れなくても大丈夫ですし、自分の好きな香水を数滴垂らしても大丈夫です)

 

 

運転モードの切り替え

本体のMODELスイッチを押すことにより運転モードが切り替わります。

 

モード1 : 青ランプ



車に合わせて起動し、駐車後2分で運転停止

 

 

モード2 : 赤ランプ



常時運転

 

 

モード3 : 緑ランプ


車に合わせて起動し、停車後10分間マイナスイオンを出す

 

モード4 : 赤ランプ2回点滅

ランプが2回点滅後、本体の電源OFF

 

 

モードはMODELスイッチを押せば切り替え可能です。
1回押せばモード1になりますし、2回押せばモード2になります。

 

スポンサードリンク




 

実際に車用空気清浄機を使ってみた

 

さてさて、いくら言葉で説明されても実際に使ってみなければ効果は分からない!!

 

って事で私が通勤で使用している車で使ってみました。

 

とりあえずダッシュボードの上に設置しましたが、奥行きのない車だと設置が厳しそうです。



 



 

またスイッチを操作するのに上部を後方にスライドしなければいけないため、本体よりも少し広い場所でなければいけません。
(スライドさせるためのスペースが必要なため)

 

 

シガーソケットにプラグを差し込み、電源ケーブルを取り付けます。
(今回は2.1Aの風量強で試しました)

 

 

 

MODELスイッチを押し、電源ON!!

……

 

………

 

…………ん?

 

あれ?出てくる風が弱い?

 

 

強の割には少し風量が弱い感じがしました。

 

 

まあ、空気清浄機なのでそれが普通なんですけどね 笑

 

 

そして運転モードをモード1にして5時間放置しました。

 

 

 

そして5時間が経過し車のドアをあけ車内に入ると

 

「おっ!?まじか!!」

 

って分かるぐらい臭いがほぼ無くなっていました。

 

 

そう、私のちゃまは喫煙者なので、そこそこタバコの臭いが車内に残ってるのです…

 

 

風量が弱いと感じましたが、結構効果はあるみたいですね ♪

 

 

また、他の人にも車内の臭いを確認してもらったら

 

「あんまり臭いがしない!」

 

と結構な好評価でした。

 

 

で、肝心の花粉はと言いますと?

 

車内でのくしゃみ鼻水は減ったかなぁ…?

 

という程度でした。

 

 

ですが、車内空間がかなり快適な空気になったので、呼吸が楽になったのは確かです。

 

 

この空気清浄機のココがダメ!

実際に使ってみて思ったダメな箇所が
• 取り扱い説明書が頼りない
• 設置場所が限られる
• 活性炭入りフィルターの予備がない
という点です。

 

 

取り扱い説明書に風量については記載されてましたが、どこをどうすれば調節できるのかの記載がありませんでした。

 

実際は電源ケーブルの差し替えで行えましたが、自分で試してみたようやく分かったので、ココは記載して欲しかったです。

 

また本体が筒状ではないためドリンクホルダー等での取り付けができません。

 

そのためダッシュボードやコンソールボックス等に置く必要があり、スペースをある程度確保しなければいけません。

 

 

活性炭入りフィルターですが、寿命は1年〜1年半と記載されてましたが、交換用フィルターが付いて来ません。

 

 

それは当然かもしれませんが、どこで購入すればいいかも分からないので、販売店に確認しなければいけません。

 

スポンサードリンク




 

この空気清浄機のココが良かった!

使ってみて良かった点は
• 動作音が小さい
• スイッチが少なくて誰でも使える
• 商品が到着してすぐに使える
• 滑り止めマットが付属
• 空気が綺麗になる
です。

 

 

動作音が小さく、オーディオを動かしていたら「空気清浄機動いているのか?」と思うぐらい気になりませんでした。

 

 

またスイッチも2つしかないので、誰でも簡単に操作ができます。

 

 

商品が届いた時点でフィルター等が取り付けられているので、電源ケーブルさえ取り付ければすぐに使える点も評価できます。

 

 

さらに地味に嬉しい点が、滑り止めマットが付属してくる所です。

 

別でマットを購入しなくても良いので、これは結構嬉しかったです。

 

最後に当たり前ですが、車内の空気がかなり綺麗になったのは体感できました。

 

 

なかなか実際に使ってみて「変わった!」と思える製品って少ないんですよね…。

 

 

これは値段の割にちゃんとお仕事してくれました 笑

 

 

まとめ

花粉の時期には欲しくなる車用の空気清浄機。

 

今回はteyimo空気清浄機を紹介しましたが

 

コスト<効果

 

がちゃんとある空気清浄機でした。

 

 

またタバコや埃っぽさもしっかり解消できるので、車内に空気清浄機が設置できるスペースがあるならオススメできます。

 

電源もシガーソケットからの取り出しなので誰でも簡単に使えるのもポイントですね ♪

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

今回紹介した【teyimo空気清浄機】はamazonから購入することができます。


Teyimo車用空気清浄機 ソーラー空気清浄器 シガーソケット マイナスイオン発生器 活性炭フィルター アロマディフューザー 除菌脱臭 タバコ煙、埃、花粉、PM2.5除去 コンパクト空気清浄機
 

スポンサードリンク




 

あなたにオススメの記事はこちら

SNSでもご購読できます。

ちゃまブロ!人気記事はこちら!

まだデータがありません。

コメントを残す

*