ドライビングテクニック

MR車のドラテク方法!3つのポイントで速く走れる!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

以前【MRの運転方法】という記事を書きましたが、鈴鹿サーキットを初めて走ってみて気がついた点等がありますので、改めて記事にします。

(注:専門用語が出てきます。わからない人はまずサーキット用語集を確認してください。)
まずはMR車の基本特性をおさらいしてみましょう。

(あえて画像等で解説は致しません。画像により先入観が入ってしまうと思うので、記事を読む際はお手数ですが自身でイメージしてみてください。)

続きを読む

速いコーナリング&ブレーキング!【教えます!】

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今回は【コーナリング&ブレーキング】についてです。

この2つには他にも大切な箇所があるのですが、それは【タイヤ】【サスペンション】です。

まずコーナリング&ブレーキングに触れる前にタイヤについて少しお話を。

 

• タイヤのグリップ種類

タイヤは「縦グリップ」と「横グリップ」が存在します。

縦グリップは加減速に
横グリップはコーナリングに使います。

続きを読む

初心者でも大丈夫!初サーキットを楽しむポイント紹介!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

走ることが大好きなら一度は行ってみたい場所は【サーキット】ですよね!

しかしサーキットって何か敷居の高い感じがしたり、ライトチューンな車だと楽しめなさそうと思ったりしている人は多いと思います。

しかし、意外とそんなことはないんですよ?

誰でも気軽に走れる場所だったりするんです。

続きを読む

洋式と和式のセッティングの違い!このポイントは必須!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

ドラテクには2種類の走らせ方があるのをご存知ですか?

一般的な走らせ方は【和式】なのですが、ここ最近では【洋式】方が速いと言われるようになってきました。
(トイレのお話じゃないですよ?笑)

今回はこの2種類のドラテクについて検証&解説をしていきます。

続きを読む

スムーズなコーナリング方法は?ハンドル操作やペダルワークはイメージ!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回は自分のおさらいも兼ねて、ハンドルの切り方&ペダルワークのお話をしていきます。

一体どのようなハンドルの切り方やペダルワークが良いのでしょうか?
基本は
全てを100にして考えるとイメージしやすいです。

例えば
90の力でブレーキを踏んだら、ハンドルは10切ります。
ハンドルを60切ったらアクセルは40踏み込みます。

このように、全ての操作を足し算して100になるようにしていきます。

するとスムーズに運転することができます。
もちろん荷重の関係もあるので、この限りではないですが、基本はこれだと私は思っています。

よく荷重をかければ曲がると言いますが、荷重が乗っていれば曲がる!は不正解なんですよね…

タイヤには縦のグリップと横のグリップが存在します。

ストレートからのブレーキでフロントに荷重が乗りますが、これはタイヤの縦グリップを使っているので、この時にハンドルを切っても曲がりません。

そこでブレーキを緩めていき、縦グリップを減らしながら横グリップを使えるようにしていきます。

タイヤも数字で表せます。

ストレートからのブレーキで縦グリップが100になります。
そこでブレーキを緩めていくと90…80…70と減っていきます。
ここでハンドルを100になるように切り込んでいくと、横グリップが10…20…30と上がっていきます。

うーむ…

ゆかり3
難しいですね…

しかし、アバウトな走り方では絶対に早くはならないので、できなくてもイメージしながら走ることはかなり大切になります!

タイヤは常に変形しながら転がっています。
段差は勿論、加速時や減速時、またはコーナリング時等常に変形します。

タイヤが今どの様な状態なのかというのもイメージしながら走ることも大切です。

話が少しズレちゃいましたね^^;

ハンドルとペダルワーク操作はリズムなので、テンポ良く操作してください!

もししっかりと基本通りにやっていても曲がらなかったり、曲がりすぎる時は車のセッティングを見直してください。

良い操作をしているのに、車がダメだと変な癖がついたりします。

よく「道具に頼るな!」と聞きますが、私の場合は「道具に頼れ!」と言います。

ダメな物でいくら練習してもダメなままなんです!

ある程度しっかりした車で練習してください。

本当は車が悪いのに「あぁ、自分の腕がないから上手くいかないんだ…」と勘違いする人もたくさんいます。
それはかなり勿体無いことです。

もし練習中に
あれ?何かおかしい?
と思ったら、一度セッティングも見直してみてください。
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。