ドライビングテクニック

速く走るためのコツ!丁寧な運転とは?

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

「ドラテクを磨きましょう」
速く走るために言われる言葉ですね。

 
しかしドライビングテクニックと言っても色んなテクニックが存在します。

 

特に言われるのが
【丁寧な運転】【丁寧な操作】
です。

 
でも丁寧な運転?

 
人によって解釈が変わってくると思います。

 
今回は結構曖昧な【丁寧】についてお話ししていきたいと思います。
(注:あくまでも私個人の考えです)

 

1. ドライビングテクニックとは?

そもそもドライビングテクニック(以下ドラテク)とは何なのでしょう?

 
ドラテクとは速く走らせるだけのものではありません。

 
バックで車庫に一発で真っ直ぐに入れるのもドラテクです。

 
街中で危険を予測して走るのもドラテクです。

 
ですが、今回はスポーツ走行でのドラテクについてです。

 
速く走らせるためには色々な技術が必要になってきます。

 
ドライバーは車から伝えられる情報のみで、常に最善のコントロールをしなければいけません。

 
そのためには【予測】が重要になってきます。

 
この予測ができることで、その時の最善の操作ができるようになります。

 
私的にスポーツ走行におけるドラテクとは、予測だと思っています。

 

2. なぜ予測が必要か

予測をしないで運転すると、何かあった時の対処が遅れます。

 
例えばオーバーステアが予測無しで出てしまった時は車は暴れますし、最悪スピンモードに入ります。

 
しかしある程度予測してあればオーバーステアが出たとしても、余裕を持って対処できます。

 
それどころか予測していれば、オーバーステアを抑えるように走れます。

 
スポーツ走行でも、先読みした運転が鍵になります。

続きを読む

失敗しない!ブレーキングの2つのポイント紹介!!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆


いきなりですが今回のテーマは【ブレーキング】です。
スポーツ走行で皆さんはどのようなブレーキングをしていますか?
よく
「思いっきりドンッと踏め!」

「街中の急ブレーキと同じぐらい踏め」
と聞きますが、私的には正解であり間違いでもあります。
タイムを出すために強く踏み込むのは大切なのですが、単に強く踏めば良いというもので無いのがブレーキングの難しさですね。

 

 

私の知り合いでも何人かサーキットでスポーツ走行を楽しんでいる方がいます。
ただ言われるのが
「毎回同じ力でブレーキを踏んでいるのに、止まる時と止まらない時がある」

 

と言うのです。
詳しく話を聞くと
「ブレーキングポイントでアクセルを離してからブレーキペダルをすぐに踏んでいる」
ということが分かりました。
なぜこのような安定しないことが起きるのでしょうか?

 

1.ブレーキペダルの踏み方

ブレーキを踏む事で減速が始まります。
しかしこれは厳密には間違いで、アクセルペダルから離した時点でエンジンブレーキやタイヤと路面の摩擦による減速が始まっています。
減速すると荷重移動によりフロントが沈み込みます。
もしアクセルを離してからブレーキペダルをすぐに踏み込むとどうなるのでしょう?
答えは【フロントに荷重が移動していないので制動距離が伸びる】です。
フロントタイヤに荷重が移動していない状態でブレーキを踏み込んでも止まりません。
極端な言い方ですが、タイヤが浮いてる状態でブレーキを踏んでも意味が無いのと同じですね。
また、この状態でハンドルを切っても曲がらないという事にも繋がります。

 

 

強いブレーキをかけるには、アクセルペダルを離してからほんの少し待つ!

 

が正解です。
時間にしたら一瞬ですが、そこがポイントなのです。
今まですぐにブレーキペダルを踏んで止まらなかったという人は、言い方を変えればそれだけ瞬発力があるという事です。
それは強い武器なのでこれからも活かしていってください ♪

 

2.ブレーキのリリース

制動は安定してできるけど、ブレーキングでオーバーがでる
こういった方はブレーキリリースで解決する場合があります。
(これで解決しない場合は車のセッティングに問題あり)
強いブレーキングで荷重はフロントに移動しています。
そしてそのままの力でブレーキを踏み続けると、リアの荷重が無くなりオーバーが出ます。
ブレーキングポイントで強いブレーキをかけた後は、ブレーキペダルを徐々に離していきます。
10の力で踏んだとして、9…8…7…6…というように弱めてくイメージです。
「ブレーキを緩めたら止まれないのでは?」
こう思う方もいると思いますが、確実に止まります!
速度が落ちていけば、ブレーキを緩めていっても制動力は落ちません。
街乗り速度の状態で50mで止まれと言われたら、ゆっくりブレーキを踏みますよね?
200km/hの状態で50mで止まれと言われたら、思いっきりブレーキを踏みますよね?
それと同じです。
制動力を数字で表すと全然違いますが、同じ距離で止まるということでは違いはありません。
速度が落ちていれば、ブレーキをリリースしていっても止まるのです。
こうすることでリアの荷重不足が避けられ、またフロントタイヤに荷重の乗りすぎでアンダーになることも防げます。

 

 

難しそうですが、車を一定の姿勢に保つイメージでブレーキをリリースしていけば上手くできると思います。

続きを読む

誰でも絶対に車の燃費がアップする方法教えます!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

年々税金やその他の出費が増えていってますね。

当然ガソリン代も上がっていってます…

そこで気になるのが車の燃費。

今では昔から考えられないほど、低燃費の車が出てきていますが、昔の車が好きだ!という方も当然いるでしょう。

今回はそんな低年式の車でも確実に燃費アップできる方法を教えちゃいます!

続きを読む

荷重移動のやり方教えます!失敗しない3つのポイント!

荷重移動

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

運転が上手くなりたい!
速く走れるようになりたい!
自在に車をコントロールしたい!

走るのが好きな方なら必ず思う事ですね。

そして雑誌等を参考にしていくのですが、必ず出てくるワードがあります。

それは【荷重移動】です。

文字通り車の荷重を移すことなのですが、ドラテクはこの荷重移動の塊と言っても過言ではないでしょう。

そんな荷重移動について本日はお話ししたいと思います。

続きを読む

FF車で速く走る方法!4つのポイントを紹介&解説!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

 

以前【FF車の運転方法】という記事を書きましたが、改めて詳しく解説していきたいと思います。
(注: 専門用語がたくさん出てきます。専門用語が分からないという方は、先にこちらのドラテク用語集を参照ください。)

 

 

現在日本車ではこのFF方式が最も多く採用されています。

 

 

それはなぜでしょう?
まず1つにコストが安いというのがあります。
そして軽量コンパクトで室内空間が広くできるというのも理由の1つですね。

 

 

もちろんスポーツカーでもFFは採用されています。
ではそんなFFスポーツカーをどうすれば速く運転することができるのでしょうか?

 

続きを読む

MR車のドラテク方法!3つのポイントで速く走れる!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

以前【MRの運転方法】という記事を書きましたが、鈴鹿サーキットを初めて走ってみて気がついた点等がありますので、改めて記事にします。

(注:専門用語が出てきます。わからない人はまずサーキット用語集を確認してください。)
まずはMR車の基本特性をおさらいしてみましょう。

(あえて画像等で解説は致しません。画像により先入観が入ってしまうと思うので、記事を読む際はお手数ですが自身でイメージしてみてください。)

続きを読む