誰でも絶対に車の燃費がアップする方法教えます!


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

年々税金やその他の出費が増えていってますね。

当然ガソリン代も上がっていってます…

そこで気になるのが車の燃費。

今では昔から考えられないほど、低燃費の車が出てきていますが、昔の車が好きだ!という方も当然いるでしょう。

今回はそんな低年式の車でも確実に燃費アップできる方法を教えちゃいます!

スポンサードリンク


• 運転編

燃費アップに大きく関係してくるのが運転方法です。
もちろんアクセルを踏めば踏むほど燃費は悪くなります。
しかし、アクセルを踏まなければ車は進みません。

重要なのが【アクセルの踏み方】なんです!

車の負荷が大きい時にはアクセルをあまり踏まないで、負荷が少なくなってからアクセルを踏めば確実に燃費アップします。
ではどの状態で負荷が1番かかるのでしょう?
答えは【発進時】です。

止まっている状態から動こうとするときが、1番負荷がかかります。

なので、発進時はアクセルをゆっくりと少しだけ踏んで、大体20キロぐらいでてからアクセルを目標スピードまで踏み込んでいきます。

一気に踏んではいけませんよ?
ゆっくり踏み込むことが大切です。
これを日常に取り入れるだけで、大幅に燃費アップは望めます。

他にも坂道では車の負荷が大きくなります。
その場合は坂道に入る前にスピードを少し上げて、坂道に入れば負荷が少なくなります。

要は惰性で登る感じですね。

このように車は加速させることで負荷がかかってしまうので、常に負荷をかけないような運転を心がけると良いです。
そして下り坂ですが、アクセルを踏まなければ燃費アップはできます。
たまにニュートラルにする人がいますが、これは大きな間違いです。

車はニュートラル以外のギヤでアクセルを離すと、コンピューターの制御により燃料カットが入ります。

つまりアクセルを話した時は、燃料を使用していないのです。

しかしニュートラルにしてしまうと、下り坂でもコンピューターがアイドリングと認識してしまうので、燃料を使用してしまいます。

さらにニュートラルではエンジンブレーキが効かないため非常に危険です。
主にこの3点を意識しながら運転すれば確実に燃費アップはできます。

• 車のセッティング編

燃費アップにはもちろん運転の仕方も大切ですが、もう一つ【車のセッティング】も重要になってきます。

セッティングというと、大それた事や改造しないとできないの!?と思われるかもしれませんが、物凄く簡単なことなので実践してみてください。
例えば車は重ければ重いほど燃費は悪くなります。
なので余計な荷物は乗せない等のことをするだけでも燃費は向上しちゃいます。

またタイヤもかなりの割合で燃費に影響してきます。

エコタイヤ等のタイヤを使えば燃費アップはできるのですが、現在使用しているタイヤの空気圧をほんの少し上げるだけで、燃費アップは望めます。

ただ気をつけなければいけないのが、空気圧を入れ過ぎると偏摩耗やグリップの低下を招いてしまうので、純正基準値から0.3ぐらいまでにしてください。
たったこれだけですが、毎日実践すればかなりの燃費アップになるんですよ?

私はMR-Sというトヨタのスポーツに乗ってますが、実燃費は平均してリッターあたり17キロをマークしています。

高速道路ですと20キロという燃費を出してくれました。

ちなみにメーカーカタログ値はリッターあたり14キロなので、かなりの向上です。

特別なことは一切せずに、上記のことを実践しているだけです。

セッティングはほんの少しの知識が必要になってくるかもしれませんが、運転方法は誰でも今すぐできちゃうので、是非お試しあれ!

(くれぐれも他の交通の迷惑にならないようにしてください。交通のルールや流れにそって実践してください。)
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆
.
【関連記事】
• これだけで車が速くなる3つの方法!
• 誰でも簡単に車のメンテナンス!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*