ドライビングテクニック

誰でも運転が上手くなる方法!〜車が止まる理由〜【基礎編】

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今回もドラテクの基礎のお話しです☆

前回は【車の曲がる理由】のお話しでした。
今回は【車の止まる理由】について書いていきます☆
記事のリンク


車の曲がる理由はこうだ!
車が曲がるのはタイヤと路面の間で発生する摩擦(以下グリップ)のおかげと話しましたが、止まることができるのもグリップのおかげです♪

ただし止まるにはタイヤのグリップも大切ですが、それ以上またはそれ相応に大切なものがあります!

それはもちろん【ブレーキの効き】ですね笑

すごく当たり前ですが、このブレーキの効きも【摩擦】によって変わります☆

ブレーキシステムでは
《ブレーキローターとブレーキパッド間の摩擦》
になります☆
しかしブレーキも色々な要素が組み合わさって、効きが変わってきます☆
特にタイヤとの関係で、かなりの違いが生まれます☆
例えば…

タイヤのグリップが弱くてブレーキが強い場合=タイヤがロックしやすくて滑べる。

タイヤのグリップが強くてブレーキが弱い場合=ロックはしないが制動距離が伸びる。

どちらも強い場合=制動距離は短くなり、タイヤもロックしにくい(ただし限度はある)。

どちらも弱い場合=制動距離はかなり長くなるが、ロックはなかなかしない(ただし限度はある)。

(注:ロックとはタイヤの回転が止まってしまうことです)

およそ4通りありますが、もちろんどちらも強いに越したことはありません!
でも、どうしたらブレーキの制動力を強くできるの?

制動力を強くする方法の例として…

• ブレーキパッドを効きの良い物に変える
• ローターを摩擦係数の大きいものに変える
• ローターのサイズを大きくする

があります☆
他にもありますが、基本はこちらの3点になると思います♪

しかし最後の【ローターのサイズを大きくする】ですが、これにはホイールも大きくしてやらないとブレーキと干渉してしまいます^^;

それに一般的には、ホイールを大きくするとブレーキ制動力が落ちると言われているので、ローターのサイズを大きくする際にはホイールもなるべく軽量な物にすると良いでしょう(。ゝ∀・)
これで【車の止まる理由 〜基礎編〜】を終わります☆
次回からは基礎編ではなく応用編にいきたいと思いますので、よろしくお願いします☆

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

誰でも運転が上手くなる方法!〜車が曲がる理由〜【基礎編】

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回の記事はドライビングテクニック上達の触りの部分です☆
まずは何となくで良いので、車の動きを知っていきましょう(。ゝ∀・)

誰でも運転が上手くなる方法 〜車が止まる理由〜 【基礎編】
の記事をUPしました。
記事リンク


車が止まる理由はこうだ!

皆さんは車がどうやって曲がっているか知ってますか?

「そんなのハンドルを切れば曲がるよ!」

って言われそうですけど、それは正確には間違いです^^;

確かにハンドルを切れば曲がりますが、それは【理由】ではなくて【結果】になりますね^^;

車が曲がる理由…
それはタイヤと地面により発生される摩擦です☆

その摩擦が大きければ大きいほど車は曲がります☆

なら摩擦係数の大きなタイヤがいいの?

答えは【どちらでもない】です^^;

摩擦係数が大きければタイヤの磨耗が早いですね^^;
かと言って係数が小さいと滑ってしまいます( ̄◇ ̄;)

タイヤにも種類があるので、お店の方や車に詳しい方に相談するのが良いですね☆
そしてタイヤの摩擦係数(以下グリップと記載します)をさらに高くする方法があります!
それそこがこの記事のメインになる物で
【荷重】
です!

さっきの話はタイヤその物のグリップ力でしたが、これに車の重さを乗せてやると、さらにその数字は大きくなってきます☆

ですが荷重はどうやって乗せるのでしょうか?
荷重を乗せる方法はいくつもあります☆
その中でも

• ブレーキング
• アクセルON
• ハンドルを切る

が主になってきます☆

まずブレーキングで荷重を乗せる方法です♪
やり方はとっても簡単☆
ブレーキを踏むだけです(●´ー`●)

ブレーキを踏んでやると、車は前のめり状態になりますね☆
すると前のタイヤに車の重さが集中するので、結果前のタイヤのグリップ力が上がるのです。

フロント荷重
しかし気付いた方もいると思いますが、当然後ろのタイヤのグリップ力は減ってしまいます^^;
そこで出てくるのが【アクセルON】です☆
アクセルを踏む=加速させる
と、車は後ろに沈み込みます☆

リヤ荷重
すると、後ろのタイヤのグリップ力が上がるのですね!

ハンドルを切ると、曲がってる外側のタイヤに車の荷重が乗ります☆

例として右のカーブを曲がるとしましょう☆

カーブに入る前にまずブレーキを踏みます。
すると車の前タイヤのグリップ力が上がります。
グリップ力が上がり、車が曲がりやすくなった状態でハンドルを切っていきます。
車が曲がり出したら、ゆっくりとアクセルをONにします。
そして後ろタイヤのグリップ力を上げながら加速させます。

これが一連の流れになります☆

このように、車の荷重のかかる位置を変えることを【荷重移動】と言います(●´ー`●)

【荷重移動】に関しては詳しい記事を近日UPしますので、そちらをご参照ください☆
車が曲がるには色々な要素が組み合わさっています☆
ブレーキの踏む強さやアクセルの踏む強さによって車の荷重はどんどん変化していくので、日常の運転の中でどのぐらい車が傾くかを意識しながら走ると感覚が鍛えられます(●´ー`●)

そうするうちに運転もスムーズに上手くなっていきますよ☆

でも、くれぐれも安全運転を心がけてくださいね☆

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

その運転で大丈夫?FRのドライビングテクニック!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回の記事は、まずこちらの記事を先に読んでおく事をオススメします!
記事リンク


エンジンの搭載位置によるコーナリング性能の違い!

前回MRについての運転方法を私なりに解説しました。
記事リンク


MR車におけるドライビングテクニック!
今回はFRについて解説したいと思います。
FRとMRの違いはエンジンの搭載位置です。
FRはフロント部にエンジンがありますね。

つまりMRよりもフロントが重く、リヤが軽い事になります。

FRの利点は
•フィーリングが良い
•前後バランスが良い
•バランスが良いので、ハイパワーにも対応できる
の3点が主になります。

欠点は
•トラクションがMRよりもかけにくい
•ブレーキング時に姿勢を崩しやすい
の2点が主ですね。

このことから
《FRは運転の楽しさがありバランスが良いが、姿勢を制御するのが難しい》
ということになりますね。
FRの運転方法は、そのバランスを活かした走り方が最適です。

バランスが良いのでスムーズなコーナリングができますが、MRよりトラクションが少ないので早めのアクセルONがなかなかできません。

なので、より早くノーズの向きを変えてあげる必要があります。

欠点で、ブレーキング時に姿勢を崩しやすいと書きましたが、逆を言えばブレーキで向きを変えれるという事です。

ただ余りにも崩し過ぎるとスピンを引き起こすので注意が必要です。

フロントへ十分に荷重を乗せてゆっくりブレーキを離していくと同時に、ゆっくりハンドルを切り込んでいきます。

ノーズが出口に向いてきたらゆっくりハンドルを戻すと同時に、ゆっくりアクセルを開けていきます。

そしてハンドルを戻し切った時に、リヤのタイヤを意識しながらアクセルを踏み込みます。
FRは進入の時はフロントを意識し、脱出の時はリヤを意識してください!

特に重要なポイントはフロントタイヤの使い方です!
進入でフロントタイヤを上手く使わないと、出口までアクセルを全く踏めません!
バランスの良いFRなので、コーナリングもバランスよくクリアしていきましょう。

前後バランスの良い車ほどコーナリングはスムーズですが、ピーキーな特性があります。
しかし、乗りこなすと驚くほど速い車です。

前後バランスの良い車の例は
•ホンダ S2000
•マツダ RX-7(FD3S)
•マツダ RX-8
等になります。
これらの車は重量配分が50:50で、理想とされる重量バランスを備えています。
進入が上手くいっても出口で滑るのでは意味が無いので、トラクションをよりかけれるようなセッティングやドライビングテクニックを練習して下さい!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ここまで違う!エンジン搭載位置によるコーナリング性能!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
いきなりですが、自動車部品で1番重いものは何でしょうか?
ボディーって言うのは無しですよ!笑
答えは《エンジン》です!
その1番重い部品であるエンジンの搭載位置で、車の特性がガラリと変わってしまいます。

コーナリングやブレーキングは全く違いますね。

特にコーナリング特性が1番変化します。
理由は慣性がかかってくるからです!

コーナリング中は常に遠心力がかかります。
その中でもエンジンにかかる慣性はずば抜けているのです。

余談になりますが、コーナリング中の車の動きは主に
《アンダーステア》
《オーバーステア》
《ニュートラルステア》
の3種類に分かれます。
【アンダーステア】
タイヤの向きに対して、車が曲がっていかない状態。

対処方法としては
•アクセルを緩める
•ハンドルを少し戻す

になります。
【オーバーステア】
タイヤの向きに対して、車が曲がりすぎている状態。

対処方法としては
•ハンドルを逆に方向に切る(カウンターステア)

になります。
【ニュートラルステア】
タイヤの向きに対して、車がその通りに曲がる状態。
これはかなり理想な状態です。

基本車は弱アンダーステア気味に作られています。
しかし、対処しやすいのはオーバーステアだったりするんですよね…
そしてここで本題のエンジン搭載位置の話に戻りますが、搭載位置による車の動きの違いを説明します。
まずはフロントにエンジンがある場合。

image

このようにフロントに遠心力が強く発生し、アンダーを引き起こしやすくさせます。

FRの場合だと駆動輪が後ろなので、プッシュアンダーと慣性によるアンダーが合わさる可能性が高いですね。
なので今後の記事にも出すと思いますが、FRはフロントタイヤの使い方が重要です!

フロントに遠心力がかかるために、フロントタイヤをしっかり使わないと曲がりません!

また、アクセルを踏みすぎるとオーバーになります。
重心がフロント部にある=回転軸もフロント部
という事になるのでリヤに遠心力が大きくかかっていなくても、滑り出す可能性が高いです。
FF車ですと駆動輪もフロントなので、エンジン+ミッションの重さが乗ってきます。
つまり、他の車よりもフロント部に発生する遠心力が強い!のです。
また50:50の重量配分の車の場合ですと、前後に同じような遠心力がかかります。
なので理想的なニュートラルステアになるのですが、アクセルの踏み方やブレーキの踏み方でそのバランスが一気に崩れる可能性があります。
つまり、速いけど難しいのですね。

そしてリヤにエンジンがある場合。

リヤエンジン慣性

後ろが重いので、リヤに大きな遠心力がかかります。
これだけ見るとスピンしやすそうと思いますが、実は違います!

リヤタイヤは駆動輪で、前に進もうとしています。
外に押し出される力と、前に進もうとする力が相殺しあってバランスが取れるのです!

しかしコーナリングスピードが低いと遠心力も少なくなるため、前に行こうとする力が勝つためにプッシュアンダーを発動させてしまいます。

なのでリヤエンジンの車は、コーナリングスピードに合わせてアクセルを開ける必要があるのです!

逆にコーナリングスピードが高く遠心力が強く発生している時に、アクセルを開けてないとスピンモードに入ります。

よく「リヤエンジンはスピンモードに入ると立て直せない」と聞きますが、高いスピードでリヤに遠心力が強く発生しているために、立て直しが難しいのですね。

リヤエンジンは、いかにコーナリング中にアクセルとのバランスを保てるかがポイントです!

エンジン搭載位置でこれだけ変わるコーナリング特性…

セッティング次第で緩和させる事はできますが、基本特性を変えることは不可能です。

自分の車にあった運転ができるように、日々イメージ&練習が必要ですね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!