誰でも運転が上手くなる方法!〜車が曲がる理由〜【基礎編】


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回の記事はドライビングテクニック上達の触りの部分です☆
まずは何となくで良いので、車の動きを知っていきましょう(。ゝ∀・)

誰でも運転が上手くなる方法 〜車が止まる理由〜 【基礎編】
の記事をUPしました。
記事リンク


車が止まる理由はこうだ!

皆さんは車がどうやって曲がっているか知ってますか?

「そんなのハンドルを切れば曲がるよ!」

って言われそうですけど、それは正確には間違いです^^;

確かにハンドルを切れば曲がりますが、それは【理由】ではなくて【結果】になりますね^^;

車が曲がる理由…
それはタイヤと地面により発生される摩擦です☆

その摩擦が大きければ大きいほど車は曲がります☆

なら摩擦係数の大きなタイヤがいいの?

答えは【どちらでもない】です^^;

摩擦係数が大きければタイヤの磨耗が早いですね^^;
かと言って係数が小さいと滑ってしまいます( ̄◇ ̄;)

タイヤにも種類があるので、お店の方や車に詳しい方に相談するのが良いですね☆
そしてタイヤの摩擦係数(以下グリップと記載します)をさらに高くする方法があります!
それそこがこの記事のメインになる物で
【荷重】
です!

さっきの話はタイヤその物のグリップ力でしたが、これに車の重さを乗せてやると、さらにその数字は大きくなってきます☆

ですが荷重はどうやって乗せるのでしょうか?
荷重を乗せる方法はいくつもあります☆
その中でも

• ブレーキング
• アクセルON
• ハンドルを切る

が主になってきます☆

まずブレーキングで荷重を乗せる方法です♪
やり方はとっても簡単☆
ブレーキを踏むだけです(●´ー`●)

ブレーキを踏んでやると、車は前のめり状態になりますね☆
すると前のタイヤに車の重さが集中するので、結果前のタイヤのグリップ力が上がるのです。

フロント荷重
しかし気付いた方もいると思いますが、当然後ろのタイヤのグリップ力は減ってしまいます^^;
そこで出てくるのが【アクセルON】です☆
アクセルを踏む=加速させる
と、車は後ろに沈み込みます☆

リヤ荷重
すると、後ろのタイヤのグリップ力が上がるのですね!

ハンドルを切ると、曲がってる外側のタイヤに車の荷重が乗ります☆

例として右のカーブを曲がるとしましょう☆

カーブに入る前にまずブレーキを踏みます。
すると車の前タイヤのグリップ力が上がります。
グリップ力が上がり、車が曲がりやすくなった状態でハンドルを切っていきます。
車が曲がり出したら、ゆっくりとアクセルをONにします。
そして後ろタイヤのグリップ力を上げながら加速させます。

これが一連の流れになります☆

このように、車の荷重のかかる位置を変えることを【荷重移動】と言います(●´ー`●)

【荷重移動】に関しては詳しい記事を近日UPしますので、そちらをご参照ください☆
車が曲がるには色々な要素が組み合わさっています☆
ブレーキの踏む強さやアクセルの踏む強さによって車の荷重はどんどん変化していくので、日常の運転の中でどのぐらい車が傾くかを意識しながら走ると感覚が鍛えられます(●´ー`●)

そうするうちに運転もスムーズに上手くなっていきますよ☆

でも、くれぐれも安全運転を心がけてくださいね☆

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*