誰でも運転が上手くなる練習方法!〜日常練習編〜


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

前回までは車の基礎編でしたが、今回は練習方法の紹介です☆

基礎編で【曲がる】や【止まる】の理由を書きました。

これが少しでも頭の中にあるか無いかでは、練習してもなかなか上達はしません^^;
記事リンク



車の曲がる理由はこうだ!

車の止まる理由はこうだ!

 

運転の練習は日常の中でできます☆
もちろんその際は必ず安全運転で、他の方の迷惑のかからないようにしてください!
日常の中でできる練習は…

• ブレーキコントロール
• アクセルワーク
• ハンドルの切り方

の3点が主になります☆

まずはブレーキコントロールの練習方法を説明をしていきます♩

ブレーキで大切な事は踏力です☆
この踏力をコントロールすることで、車の姿勢を安定させることができるのです♪

練習方法としては一旦停止等で車を停車させる時に、ブレーキは一定の強さで停車させるという方法です☆

一度ブレーキを踏み込んだら、止まるまで踏み足してはいけません。
ただし緩める分にはOKとします♩

(絶対に無理はしないでください!慣れるまでは踏み足しても良いので、ゆっくり練習してください)

これができるようになるとブレーキ時にギクシャクしなくなるので、スムーズに止まることができます☆

「このスピードでこの距離なら止まれる!」

と分かるようになると、運転にも余裕がでますね(●´ー`●)

次にアクセルワークの練習方法です☆

走行中に
「前の車が遅いし、追い付くからブレーキ踏まなきゃ!」
と思ったことはありませんか?

そこでブレーキを踏むのではなく、アクセルを離して距離を取るようにしましょう☆

イメージとしては
《前の車との車間を常に一定に保つ》
感じです♪

アクセルを踏みすぎるとすぐに追いついてしまったりするので、踏んだり離したりして車間を保ちます☆

また他の車が走ってない(前後に車間がかなりある)時は、スピードを維持する事を意識してください☆

これが意外と難しいのですが、できるようになる頃には繊細なアクセルコントロールが自然と身に付いてきています!

アクセルコントロールが上手くなると、発進や加速時がスムーズになるので、車の余計な姿勢の乱れを無くすことができます☆
最後はハンドルの切り方の練習方法です☆

皆さんは交差点等のカーブでハンドルを切り足したりしていませんか?

この曲がってる最中の切り足し…
車の動きが不安定になってしまうのです^^;

なので曲がる時は、ハンドルを一度切ったら切り足さない事を意識してください☆

一度切り込んだら後はハンドルを戻すだけなのですが、戻すときも一定の速さで戻していきましょう☆

一定の速さでハンドルを切り出し、一定の速さでハンドルを戻す!
そして切り足したりはしない!
(ブレーキと同じ様に慣れや感覚が必要なので、最初は絶対に無理をしないでください!)

これも最初はかなり難しいですが、段々できるようになってきます☆

これらの練習で1番重要なポイントは【感覚】や【感度】を鍛える事です!
人間には凄くに優秀な感覚や感度センサーが備わっていますが、何も感じ取ろうとしなければ衰えていきます…

練習することで感覚等を鍛えてやれば、少しの変化でも感じ取れるようになってきます☆

まずは出来るようになる!ではなく、出来るように意識する!を第一に始めてください☆

そして、いよいよサーキットに行きましょう!

記事リンク

誰でも運転が上手くなる練習方法!サーキット初心者編!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

注:この記事は危険運転や暴走行為を促すものではありません。他の方の迷惑に絶対にならないように、自己の判断のとも行ってください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*