誰でも運転が上手くなる方法!〜車が止まる理由〜【基礎編】


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今回もドラテクの基礎のお話しです☆

前回は【車の曲がる理由】のお話しでした。
今回は【車の止まる理由】について書いていきます☆
記事のリンク


車の曲がる理由はこうだ!
車が曲がるのはタイヤと路面の間で発生する摩擦(以下グリップ)のおかげと話しましたが、止まることができるのもグリップのおかげです♪

ただし止まるにはタイヤのグリップも大切ですが、それ以上またはそれ相応に大切なものがあります!

それはもちろん【ブレーキの効き】ですね笑

すごく当たり前ですが、このブレーキの効きも【摩擦】によって変わります☆

ブレーキシステムでは
《ブレーキローターとブレーキパッド間の摩擦》
になります☆
しかしブレーキも色々な要素が組み合わさって、効きが変わってきます☆
特にタイヤとの関係で、かなりの違いが生まれます☆
例えば…

タイヤのグリップが弱くてブレーキが強い場合=タイヤがロックしやすくて滑べる。

タイヤのグリップが強くてブレーキが弱い場合=ロックはしないが制動距離が伸びる。

どちらも強い場合=制動距離は短くなり、タイヤもロックしにくい(ただし限度はある)。

どちらも弱い場合=制動距離はかなり長くなるが、ロックはなかなかしない(ただし限度はある)。

(注:ロックとはタイヤの回転が止まってしまうことです)

およそ4通りありますが、もちろんどちらも強いに越したことはありません!
でも、どうしたらブレーキの制動力を強くできるの?

制動力を強くする方法の例として…

• ブレーキパッドを効きの良い物に変える
• ローターを摩擦係数の大きいものに変える
• ローターのサイズを大きくする

があります☆
他にもありますが、基本はこちらの3点になると思います♪

しかし最後の【ローターのサイズを大きくする】ですが、これにはホイールも大きくしてやらないとブレーキと干渉してしまいます^^;

それに一般的には、ホイールを大きくするとブレーキ制動力が落ちると言われているので、ローターのサイズを大きくする際にはホイールもなるべく軽量な物にすると良いでしょう(。ゝ∀・)
これで【車の止まる理由 〜基礎編〜】を終わります☆
次回からは基礎編ではなく応用編にいきたいと思いますので、よろしくお願いします☆

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*