現役整備士が教えるエンジンオイル交換時期!全て同じ時期とは限らない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

 

今回は【オイル交換】をテーマにしていきます!

 

 

皆さんはオイル交換をどの様なタイミングでしていますか?
大抵は5000kmで交換だと思いますが、実は車の使い方や使用頻度で変わってくるのです!!

スポンサードリンク


オイル交換とは

車のエンジンには潤滑や冷却のためにオイルが入っています。
オイルにも使用期間があり、それを過ぎると性能が低下して、最悪エンジンが壊れたりします。
そのためにも適切なタイミングでのオイル交換が必要になってきます。

 

 

オイル交換の目安

基本的に5000km毎になっていますが、新型の車は取り扱い説明を見ると15000km毎だったり、20000km毎だったりとかなり長めです。
記載通りに15000km毎でオイルを交換すると、抜いたオイルはかなり汚れています。
なので、やはり5000km毎が無難と言えるでしょう。
ですがこの5000km毎というのは基準値というのを覚えておいてください。

 

 

オイル交換時期の判断

どの車も5000km毎にオイル交換をすれば良いというものではありません。
例えば極端に短い通勤にしか使用しない車だとします。
極端に短い通勤距離ではエンジンの暖気が終了しない場合があります。
その場合エンジンは不完全燃焼になりがちです。
すると燃え残った燃料のカスがオイルに混ざってどんどんオイルが劣化していってしまいます。
このように、必ず5000km毎に交換が良いと言い切れないのです。
毎日の通勤等で走る距離が10km未満の車は3000km毎にオイルを交換しても良いでしょう。

 

またエンジンオイルは全く車を使用しなくても劣化していきます。
正確には酸化します。
車を動かしても当然劣化や酸化はしますが、動かさなくても同じことが起きてきます。
なので距離に関わらず、半年に1回はエンジンオイルの交換オススメします。

 

また年式の古い車(または走行距離の多い車)も短いサイクルのオイル交換をオススメします。
この手の車はエンジンが弱っている場合があり、ブローバイガスが多く発生している事があります。
ブローバイガスに関してはこちらの記事を参照してください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オイルキャッチタンクの適切な取り付け方!付け方次第ではパワーダウン!!

 
ブローバイガスによりオイルと燃料、または水蒸気がまざり、著しくオイルの劣化が進行します。
なのでこちらの車も3000km毎の交換で良いでしょう。

 

 

スポーツ走行におけるエンジンオイル交換

 

日常生活では使用頻度等で交換時期を判断できますが、サーキット等のスポーツ走行をする車はまた交換時期が変わってきます。
結論から言うと【サーキット毎がベスト】です。
ですがオイルもそんなに安くはありません…
本当はスポーツ走行をしたら交換が良いのですが、最低でも3回走ったら交換で良いでしょう。
スポーツ走行ではエンジンがかなりの高回転になります。
そのためオイルが過熱され、場合よっては130度を超える時があります。
基本的にオイルは130度を超えると性能が一気に低下すると言われているので、スポーツ走行時に130度を超えた場合はすぐにオイルを交換してください。
逆に言うと、130度を超えなければサーキット毎でなくても大丈夫ということです。
ですが、万が一を考えスポーツ走行を3回したら交換が無難ですね ♪

 

スポンサードリンク



愛車の適合エンジンオイル確認方法

「交換時期は分かったけど、どのオイルを使えば良いの!?」
そんな時は車の取り扱い説明を見てみましょう!
車検証入れ等に入っていると思います。
このような取り扱い説明ですね ♪

車 取り扱い説明

 

この取り扱い説明の後ろの方のページに【サービスデータ】と書かれた項目のページがあります。
(どのメーカーも大抵は後ろの方のページにあります。)
するとここに車のオイルやメンテナンスに関わる事が書いてあります。

取り扱い説明 サービスデータ
この車だとエンジンオイルは
スズキエクスターオイル10W30 5W30 5W20
と記載されており、オイル量は
オイル交換のみ 2.7L
オイル&フィルター交換 2.9L
となっていますね ♪
この取り扱い説明に書いてあるオイルを使えば間違いありません ♪
ですが、オイルの名前を言われても分からない方も多いと思います…
私も各メーカーのオイルの名前なんて全部覚えていません 笑
重要なのがオイルの粘度で、この車の場合だと
10W30 5W30 5W20
になります。
ホームセンターにもエンジンオイルは売ってますが、この記載の粘度のエンジンオイルで問題ありません。
ですがやはりディーラーや、行きつけの車屋さんに持っていくのが1番確実でお手軽ですね 笑

 

 

オイルフィルター

 

先ほども少し出てきましたが、エンジンにはエンジンオイルに含まれた細かなゴミを取り除くフィルターが取り付けられています。
このフィルターもオイル交換と同時に行いますが、オイル交換2回につきフィルターは1回の交換で問題ありません。
オイル交換毎にフィルター交換しても問題ありませんが、私も2回に1回です 笑

 

 

まとめ

エンジンオイルの管理によって車の寿命は大きく左右されます。
基本的は5000km毎ですが、使用距離が短い、または使用頻度が少ない車ほど交換時期は短くなります。
その場合は3000km毎の交換で大丈夫です。
もしこだわるなら2000km毎でも問題は全くありません。
使うオイルは基本的に取り扱い説明に記載されている粘度の物で大丈夫です。
1番重要なのは【適切にオイル交換をする】という事なので、距離や時期が来たらお店に持っていく事が大切です。
しっかりメンテナンスしてあげれば長持ちもしますよ ♪
私のセカンドカーのラパンは現在走行距離が18万キロですが、ノントラブルです ♪
皆様も適切なオイル交換で愛車を長く大切に乗ってあげてください ♪

 
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

あなたにオススメの記事はこちら

SNSでもご購読できます。

ちゃまブロ!人気記事はこちら!

まだデータがありません。

コメントを残す

*