ついに登場!新型S2000 その名もZSX!気になるのスペック公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

今回は【次期S2000】についてです。
S2000と言えばホンダの誇るFRスポーツカーですよね!
レーシングカー並みの超高回転型エンジン搭載で、驚きの9000rpm!!

 

馬力も2LのNAで250psと、当時では化け物のようなスペックでした。

 

そんなS2000の後継車が出るとのこと…

 

これは調査するしかないじゃないですか!!

 

そして分かった範囲でS2000との比較もしていきます!

 

スポンサードリンク



 

ホンダ S2000

 

ホンダが1999年から2009年の10年間販売してきたFRオープンスポーツカー。

 

余計な装備は一切無く、ダッシュボードのグローブボックスまで無くなっています。

 

50:50の重量バランスのおかげで、ハイスピードのコーナリングが魅力の1つです。

 

エンジンも2L NA 250psとハイスペックであり、ミッションも手首の操作だけでシフトチェンジができるほどショートストロークになっています。

 

生産中止になった現在でも、タイムアタックやレース等で現役であり、最終型の中古車は新車価格を上回るほどになっています。

 

次期 S2000

 

そんなハイスペックだったS2000の後継車…

 

名前は【ZSX】だそうです!

 

ゼットエスエックスなのか、ズィーエスエックなのかは分かりませんが、ホンダさんの事なので『ズィー』かもしれませんね 笑

 

正式名が付くまでは【baby NSX】と呼ばれていたらしく、見た目も新型NSXのような感じです。

 

比べてみると確かに少し可愛くしたNSXのようですね ♪

新型S2000 ZSX
またさらにコンパクトなS1000というモデルも販売予定になっており、こちらもNSXを可愛くした感じになっています。

 

こちらはS660の普通車バージョンといったかんじのようですね。
• ホンダS1000発表!コンパクトながら驚きのスペックを公開!

 

スポンサードリンク



ZSX スペック

そしてやはり気になるのが基本スペック!!

 

S2000と比べてみました!

 

S2000 諸元(AP1)

新型S2000 スペック

ZSX 諸元

新型S2000 スペック
比べるとS2000よりも一回り大きくなっており、全高は低くなっています。
新型シビックタイプRよりも幅は少し狭めな感じですね。

 

またホイールベースがS2000よりも400mm近く広がっており、S2000特有だった『ピーキー』な動きが見直されているのでは?と思います。
エンジンは直列4気筒は変わらずに、NAからターボになっています。

 

おそらく新型シビックタイプRに搭載されているエンジンを使っているのでしょうか?
ターボになったこともあり、馬力が100psも向上しています!
また馬力も凄いですが、トルクが約2倍の40.7kgmにもなっています!
このスペックならホイールベースが長くないと扱いにくいですよね…

 

納得です 笑
価格は350~400万円と、最終型S2000とほぼ似た価格です。

 

 

スポンサードリンク




 

その他のグレード

 

ZSXには2L 直4 ターボ以外にも、モーターを使用したハイブリッドモデルが登場する可能性もあるようで、そちらは400馬力を超えるスペックになるらしいです。

 

詳細はまだ出ていませんが、おそらく価格は600万円を超えてくると思います。

 

 

販売時期

予定では2018年とのことですが、おそらくこれは欧州での販売開始だと思われます。

 

日本では2019年あたりだと予想されます。

 

新型スープラも2018年に販売予定とのことなので、2018年はスポーツカーラッシュになるかもしれません!

 

 

まとめ

ホンダのスポーツカーが続々と登場してきました。

 

ターボやハイブリッドの技術を市販車に取り入れてくるという事は、F1のフィードバックかもしれません。
S1000や今回のZSX…

 

いつかは【インテグラ】も復活するのかもしれません。
一時期は消えてしまったホンダのタイプR…

 

どのような形で復活するにしろ、ホンダファンにとっては嬉しいことでしょう!
またZSXの詳細が分かり次第、追記していきます。
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*