車高調の種類を解説!ネジ式?フルタップ?役割を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

車のチューニングでやりたい候補の1つが【車高調】ですよね?

 

最近の車高調は性能も良く値段も安いので、割と手が届きやすいと思います。

 

ですが、そんな車高調にも種類があるのです。

 

 

今回はそんな車高調について紹介&解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

車高調とは



車高調とは【車高調整式サスペンション】の事です。

 

ダウンサスはバネ自体で車高を下げますが、車高調はバネの取り付け位置を変える事で任意の車高にする事ができます。

 

 

車高が下がるため、車体が地面に接触したりしないようにするために、硬めのバネと、高めの減衰をもつダンパーが使われています。

 

 

車高調の種類

 

車高調には主に
• フルタップ式
• ネジ式
があります。

 

フルタップ式車高調



現在多く流通しているのがフルタップ式の車高調です。

 

フルタップ式の大きな特徴は【バネの位置を変えずに車高を変更できる】という点です。

 

 

要は、ダンパーの長さを変えて車高を変更します。
(正確にはダンパーのブラケットの位置を変えて調整)

 

 

ダンパーをロックするためのシートと、バネの位置を固定するためのシートがあるため、部品点数は少しネジ式よりも多くなりますが、セッティングは出しやすいです。

 

スポンサードリンク




 

ネジ式車高調



フルタップ式はダンパーの位置を調整しましたが、ネジ式はバネの位置を変える事で車高を変更します。

 

 

そのため車高を下げるにはバネの取り付け位置を下にしないといけません。

 

 

するとダンパーのロッドも縮むため、ダンパー縮み側のストロークが少なくなります。

 

 

あまりやり過ぎるとサスペンションが縮まないといったトラブルも出てきます。

 

さらにバネの位置を下げるため、短いバネを使うとバネが遊ぶ事があります。

 

伸び側のストロークはあるのに、バネが短いために伸び切らないといった事もあります。

 

 

比較的部品点数は少ないのでフルタップ式よりも安価な場合があります。

 

スポンサードリンク




 

ネジ式を採用しているメーカー

 

大手スポーツサスペンションのメーカーである【オーリンズ】はネジ式を採用しています。

 

ですが性能は超一流、品質も超一流のサスペンションです。

 

 

でもなぜネジ式を採用しているのでしょう?

 

理由の1つとして【軽く作れる】があります。

 

部品点数が少ない=軽い

ので、スポーツ走行をメインとしているサスペンションにはかなりの武器になるのです。

 

(最近はオーリンズもフルタップのバリエーションが出てきました)

 

 

また基本的にオーダーメイドになります。

 

 

そのため
どのぐらい車高を下げたいのか?
どのぐらいのレートのバネを使うのか?

 

 

といった感じでお客様と話し合って作られていきます。

 

 

それにより最初から下げてもしっかりストロークできるサスペンションになるのです。

 

 

逆に言えばオーダーメイドでないネジ式の車高調は、そのメーカーの基準値を超える調整をするとストロークが足りなくなったりして本来の性能が発揮できない場合があるという事です。

 

 

 

ヘルパースプリング

ネジ式で車高を下げると、バネによっては遊びが出てしまいます。

 

バネには自由長というものがあり、それがバネの長さになります。

 

 

• スプリングの選び方を解説!レートや自由長とは?

 

 

その遊びを無くすためのものが【ヘルパースプリング】になります。

 

 

またバネ全体の長さが長くなるので、フルタップ式に導入すれば伸び側のストローク確保にも繋がります。

 

 

またヘルパースプリングには【アシストスプリング】といったヘルパースプリングよりもレートが高い物もあります。

 

 

これは単に遊びを無くす部品ではなく、車の乗り味を変えたり、フィーリングを変えたりするものです。

 

 

 

アシストスプリングに関しては下記の記事に記載してあるので、是非ご参照ください。

 

 

• ヘルパースプリングの驚きの効果!これだけで速くなる!?

 

 

まとめ

車高調には主に
• フルタップ式
• ネジ式
の2種類があります。

 

最近はフルタップ式が多くなってきていますが、ネジ式にもネジ式ならではのメリットが存在します。

 

ただしネジ式を使用するときは、バネの遊びやストローク量をしっかりと確認しないとちゃんと性能を発揮させることはできません。

 

 

 

なので、手軽なフルタップ式が増えてきたと言うのもあります。

 

 

皆さんも車高調を購入するときは、注意して選んでみてください。

 

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事はこちら

SNSでもご購読できます。

ちゃまブロ!人気記事はこちら!

まだデータがありません。

コメントを残す

*