MR-Sの エキマニを交換!等長エキマニで車が変わる!


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

私のMR-Sは基本エンジンノーマルで吸排気系もほとんど変わっていないのですが、この度運良く社外等長エキマニを手に入れました。

なので早速交換しちゃいました。笑

手に入ったエキマニは【アミューズ】製の物で、MR-Sでは珍しい等長です。

TRDでもエキマニは出ていますが、レイアウトが純正と全く同じです。
純正との違いは触媒があるか無いかですね。
そして不等長です。

触媒が無い分、吹け上がりや軽さは良くなります。
そして低速のトルクもあまり落とすことなく、上まで使えるのが魅力ですね。

スポンサードリンク



ただやはり等長のエキマニの方が高回転向けと言えます。
しかし低速トルクは落ちてしまうので、車の使用方法に合わせた方が良いでしょう。
私は基本サーキットメインなので、等長の方が良かったと言えますね。
さて、早速エキマニにバンテージを巻いていきましょう。

アミューズ エキマニ

 

純正は遮熱板があって、エキマニから出る放射熱を防いでいます。

しかし今回のエキマニには遮熱板が取り付けられないので、バンテージを巻きました。

低速トルクアップやパワーアップにもなると言われていますが、今回は単なる遮熱目的ですね。

バンテージはしっかり一巻き一巻き力を入れて解けないように巻いていきます。

そして巻き終わりを針金やステンレスタイラップ等で縛って完成。

結構綺麗にできました。

アミューズ エキマニ バンテージ

ここまでは事前準備です。
さて、車両についている純正といよいよ交換です。

純正エキマニの取り付けボルトには、予め潤滑剤を吹き付けておきました。
(事前準備として、遮熱板も取り外しておきました。)

そのおかげか、メガネレンチで簡単にボルトが取れました。
これがなかなか取れないと作業が本当に進まないんです…
なので、できる限り事前準備として潤滑剤をかけておきましょう。

取り付けボルトを全て外せば、エキマニは上から取り外せます。
やはり純正は触媒や遮熱板があってかなり重いです…
約6キロといったところでしょうか。

そして新しいエキマニはバンテージ分を入れても3キロちょっとです。
これは車の動きも変わりそうですね。
ガスケット等の消耗品は全て純正で取り寄せました。

たかが数千円なので、ケチると後で痛い目を見ちゃいます…

取り付けは逆手順で問題なく行けました。

ボルトをの締め忘れが無いかを確認して完成!!

忘れてましたがアミューズのエキマニはO2センサーを逆に付けなければいけません。

右のセンサーは左のカプラーに、左のセンサーは右のカプラーに付けましょう。
この時に配線の延長加工をしなければいけないので、ミスの無いように確認しながら延長してください。
取り付けた後はバンテージの焼き入れをするべくアイドリングでしばらく放置します。

私は念のためですが、バッテリーのマイナス端子を外して、コンピューターの学習をリセットさせました。
排気効率が変わるので、念のためですね。

エンジンを始動した直後にバンテージから煙がモクモクと立ち登ります。

10分もすれば落ち着くのですが、初めて見る人はびっくりする量の煙です。

これはバンテージの種類によって煙の量は変わるのですが、物によっては壊れてるんじゃないかと思うくらいの煙が出ます。

煙が消えたら、早速試走です。

案の定低速トルクは細くなりました。
しかし3500回転以降はVTECの様に加速していきます。
結構癖になっちゃう加速感ですね。笑

音もレーシーなサウンドになりました。
これはマフラーによって変わると思いますが、ほとんどは渇いた音質になると思います。

全体的には音量アップしましたが、爆音になるという事はありません。

しかし、これで上までしっかり回るようになったので、サーキットでの走行がすごく楽しみになりました。

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
〜おまけ画像〜
ウイングをボディ直付けしているので、エンジンフードを開けるときにウイングを立てないといけないのですが、ウイングを立てて後ろから見ると改めてウイングのデカさを実感しました。笑

MR-S スワンネック 1

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*