マフラーだけでここまで変わる!排気チューンでパワーアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
この度は私のMR-Sのあまりにも静かで抜けの悪いマフラーをどうにかしようと思い、ショップにて作ってもらいました!

 
せっかく作るのだから…

 
ってことで、MR-Sの社外マフラーで多く採用されている60φパイプで作ることになったのですが、それでは面白くない…

 
作るならこだわりたい…

 
こだわった結果、マフラータイコのパンチングパイプ内径も60φの絞り無しマフラーを製作してもらいました!

 
他のこだわりポイントは通常は左出しなのですが、製作してもらうマフラーは右出しになってます。

 
MR-Sは元々低速でもトルクは十分にあるので、トルクよりも抜けを重視してあります。

 
その分音量は大きくなっちゃいますが、タイコを通常よりも少し大き目にして対策しました。

 
そして完成したマフラーがこちら

MR-S ワンオフマフラー

MR-S ワンオフマフラー 出口

当たり前ですが、新品状態なのでピカピカしてますね ♪

 
私のこだわったポイントは全て取り入れてもらってるのですが、ショップが独自の拘りを入れてくれました!

 
マフラーのタイコは重量物ということで、タイコをエンジンよりにしてあります。

 
これにより重量バランスも良くなるので、よりミッドシップらしい運動性能が向上するはずです。

 
少しの事ですが、こんな事にまでこだわって製作していただき本当にありがとうございます!

 

その後、賛否両論ありますがマフラーの慣らしをするべく、100kmを3000rpmで走りました。

 
新品状態のマフラーでいきなり全開走行をすると、タイコ内部のグラスウールが偏ってしまう可能性があるらしいので、最初はじっくりとグラスウールがしっかりと固定されるように走りました。

 
いきなり全開走行しても性能的には問題ないらしいのですが、消音効果の劣化が早くなってしまうことがあるみたいです。

 
慣らしを終え、全開走行をしてみる事に…

 

 

結果は
かなり良い音に仕上がってます!
以前のマフラーよりも格段に音質も音量も良くなってました。

 
肝心のパワー感は、これもまた良い感じです。
吹け上がりも格段に良くなっていて、どんどん加速して行ってくれます。
気を抜くとレブリミットまで回ってしまっている勢いです。

 

このマフラーだけでも良いのですが、さらに良くしようとSARDのスポーツ触媒(メタルキャタライザー)も取り付けました。

 
こちらは慣らしは必要としないみたいです。

 
純正触媒のセル数は約400に対して、SARDの触媒は200セルと半分以下になってます。
(数字の少ない方が抵抗が少ない)
もちろん車検対応品なので、堂々と公道で走れます。

 
取り付け後にエンジンを始動させると、思った以上の音量…
効率が良くなるので音量が上がるのは当然ですが、結構大きな音になったしまいました。

 
ブリッピングをすると近所迷惑になるレベルです…
消音効果の高いマフラーなら、そこまで音量も気にならないのかもしれません。

 
肝心の効果は、凄まじく吹け上がりや加速感は良くなりました。

 
正直エキゾーストシステムのみでここまで車が良くなるとは思っていなかったので驚きです。

 

スポンサードリンク


ここまで良くなると行ってみたくなるのがサーキット!

 
比較してみるべく地元のタカスサーキットで検証です!

 

比較するものとして
1. トップスピード
2. ベストタイム
3.区間スピード
4.区間タイム
で検証してきました。

 

まずトップスピードですが
社外エキマニ+純正触媒+以前のマフラー
の時で約131km/h

 
社外エキマニ+SARD触媒+ワンオフマフラー
で約137km/h
6km/hもの差が出ました!

トップスピード 比較
このサーキットのストレート距離は400mなのですが、たったこの距離で6km/hの差は本当驚きです!

 

2.のベストタイムは
以前の仕様で1分7秒3でしたが、今回は1分6秒2と、約1秒1もの差が出ました!
たった1秒?と思う方もいると思いますが、サーキットで1秒短縮しようと思うと何十万の金額がかかったりします…
以前のマフラーの抜けが悪すぎたというのもありますが、これは本当に嬉しいです。

 
3.の区間スピードや 4.の区間ベストも当然ですが全体的に上がっていました。

区間 スピード

エキゾーストシステムだけでここまで変わるとは本当驚きですよね。

 

私のMR-Sはまだ吸気系はノーマルなので、このエキゾーストシステムに合わせた吸気チューンをすれば、まだまだタイムアップもできる余地が残っています。

 

少々値段はするワンオフマフラーですが、気持ちの良いサウンドや吹け上がりを考えれば安いと思います。

 

マフラー交換だ迷っている方がいるなら、一度ワンオフマフラーなど検討してみてはいかがでしょうか?

 
自分だけのマフラー…
良いものですよ ♪
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【関連記事】

吸排気のメカニズム   吸気編

吸排気のメカニズム   排気編

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 40代のmr-s乗り より:

    じつは、2013年の3月に神奈川からタカタに来て、mr-sで走りました。

    私のmr-sは前期で、その時はほぼノーマルでしたが、69秒だったのでそのタイムは速いと思います!

    参考にします!!

コメントを残す

*