超オススメ!交換絶大のアフターパーツ紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
今回は私が今まで付けてきた部品の中でも「この性能でこの値段は安い!」と感じたものをいくつか紹介していきたいと思います。

 

1. カーボンLSD

カーボンLSD

まずはATS社のカーボンLSDです。
正直「LSDなんてどこも同じ」と思ってましたが、これはその考えを消し去ってくれました。
以前はよくあるメタルシムのLSDを使ってましたが、街乗りではカンカンと鳴るチャタリング音が出たり、コーナリング中にタイヤを引きずってる感があったりしました。
カーボンLSDはそれらの症状は一切無く、LSDが入っているの?と疑うほどマイルドな動きをしてくれます。
効きが弱いという事は決して無く、むしろ今まで使ったきたLSDよりも遥かにトラクションがかかります。
作動はマイルドで効きは抜群…
当然コーナリング中の引きずりも無いので、素早い旋回&立ち上がりが可能になりました。
イニシャルトルクは20kgとかなりのトルクですが、全くそんな感じはしません。
値段こそ一般的なLSDの1.5倍近くしますが、性能を知ってしまうと
「これは安い!!」
と思ってしまいます。
お手軽に交換できる部品ではないので、LSDを検討している方は奮発して導入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

2. spirit 車高調

spirit 車高調

オーダーメイドの車高調サスペンションです。
価格はベースモデルで27万円と、一般的な車高調と比べれば高く思えます。
しかし性能は本当に素晴らしく、サーキットで縁石を乗り越えても挙動が乱れません。(乱れてもすぐに収まる)
他のオーダーメイド車高調は30万超えで、中には50万近くする物もあります。
確かに他のオーダーメイド車高調も性能は抜群ですが、同じ性能ならspiritの27万円はかなり安いです。
ただしカヤバ以外のバネを選択するとほんの少し値段が上がりますが、それでも安い方だと思います。
私の車は先ほどのLSDと、この車高調を入れてますが、地元の1分ちょっとのサーキットで6秒もタイムを短縮することができました。

 

 

 

3. アリアント リチウムバッテリー

アリアント リチウムバッテリー

ドライバッテリーよりもさらに軽量なリチウムバッテリーです。
金額は驚きの約5万円…(40Bサイズ相当)

バッテリーで5万円なんて高すぎです!
私ももちろんそう思ってました…
ですがバッテリー重量は1.6kgしかないのです。
通常の40Bバッテリーの重量は約8kgあります。
バッテリーを交換するだけで6.5kgの軽量化ができるとなると安く思えます ♪
例えば純正ボンネットをカーボンに交換して7kg軽量化できるとします。
しかしカーボンボンネットは10万近くします…

7kg軽くするのに10万…
でもリチウムバッテリーなら5万で約7kgの軽量化。
バッテリーとして見ると高いですが、軽量化として考えるとかなり安いのではないでしょうか。
例えばS2000は純正ボンネットがアルミ製でかなり軽いです。
それをカーボンにしても2kg軽くなるぐらいと聞きました。
しかもS2000のボンネットは高く、無限製だと30万もします…
リチウムバッテリーは性能も良く、パワーアップやトルクアップにも貢献するのが嬉しいところですね ♪

 

 

 

 

いかがでしたか?
単体ではかなり高い部品ばかりになってしまいました…
しかし性能を比べればこの値段ば納得できる物ばかりです。
よく
「お金があれば付ける」
と言われますが、色々試して結局数十万無駄にしちゃた…
となるより、最初からしっかりした物を選んだ方が結果的に安く済む場合があります。
実際私もその経験を何度もしています。
ですが、高いから良い!安いから悪い!というものでもないので、自分に合った最良の部品を選ぶのが重要だと思います。

 
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【関連記事】
絶対に失敗しないチューニングの方法!
これだけで車が速くなる!MR-S編

 

【人気記事】
意外と知らないタワーバーのメリット&デメリット

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*