POTENZA RE-71R! 気になるあのタイヤの性能はいかに!?


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今回は気になるあのタイヤをインプレします。

そのタイヤは
【ポテンザ RE-71R】
です。

巷ではかなり評判のRE-71Rですが、本当に凄いのでしょうか?

今回使用した車は、私の愛車であるMR-Sです。

タイヤサイズは
F.225/45R16
R.225/45R16
にて行います。

ちなみにタイヤ交換前は
ディレッツァZ2スタースペックです。
タイヤサイズは
F.205/45R16
R.225/45R16
になります。

フロントのサイズが違いますが、これも踏まえてレビューしていきます。
まず街乗りですが、なかなか乗り心地が良い感じです。
前モデルのRE-11Aと比べるのロードノイズは大きいかと思いますが、気になるほどではないですね。
Z2よりはロードノイズは小さいと思います。

しかしパターンが似ているため、明らかなロードノイズの差というものはありませんでした。

ハンドリングもクイックだと思います。
これは縦の接地面積を増やしたためだと思います。

しかし私的には、街乗りするならRE-11Aの方が好きですね。
ライフも11Aの方が長いみたいですね。

サーキットでは71Rは凄かったです!
(福井のタカスサーキットにて)
評判通りのグリップですね!

しかし私のタイムはドロップしてしまいました…
これはフロントのタイヤ幅を広げたためです。
Z2ではアンダーで苦しんでいて、それを打ち消すようなセッティングにしていたのですが、フロントのグリップが凄すぎてオーバーになってしまいました。

しかし、ほとんど進入でのオーバーでした。

出口はリヤのトラクションもしっかりかかり、スムーズに加速できます。

軽いブレーキングの高速コーナーはタイムアップできたので、グリップはかなりあります。

私の車の場合、アンダーセッティングにしないといけなくなりました。
タイヤ一つでここまでセッティングを変えなければいけないのは初めての事です。

タイヤの溶け方もなかなか良く、均一に溶けていました。

溶けたゴムを確認したところ粘り気がかなりあり、手で握ってらしっかりと形をキープしていました。

全部で50周回(アタックは25周)しましたが、最後まで安定したタイムが出ました。

発熱に関してはZ2の方が若干早く発熱する感じがしました。

いや、本当に凄かったです!
セッティングをしっかりすれば確実に今までよりもタイムアップができますね。

11Aよりも斜めのグリップは劣っている感じがありますが、縦と横のグリップは抜群なので、メリハリのある運転が合っていると思います。

次回のサーキット走行会に向けてセッティングを見直し、71Rで大幅タイムアップを目指していきます!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*