おすすめ!車のフィーリングアップチューニングを5つ紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

車を楽しく運転するには何が必要でしょう?

 

パワー?それともトルク?

 

私的にはフィーリングが良くなればどんな車も楽しく運転できます。

 

今回は私が今まで自分の車でやってきて、フィーリングが良くなった物を紹介していきます。

スポンサードリンク



 

フィーリングが良くなるとどうなるの?

 

車のフィーリングが良くなれば、車が自分の思ったような動きをしてくれます。

 

加速させたいときにアクセルを踏めばすぐに加速してくれる。

 

曲がりたいときにハンドルを切ればすぐに車が反応してくれる。

 
このように、自分が操作したときに思ったように車が動いてくれれば楽しい車になります。

 

パワーがどれだけあってもアクセルを踏んでもなかなか加速してくれなければそれだけストレスになります。

 

ハンドルを切っても曲がり出しが遅ければそれもストレスになります。

 
もしサーキット等で速く走ってタイムアップをしたいならフィーリングアップはかなり重要になります。

 

 

 

 

フィーリングを良くするチューニング

 

フィーリングを良くするには色々なチューニングがあります。

 

その中でも特に良かった5つのチューニングを紹介していきます。

 

 

ハンドル



 

直接パワーアップには関わりませんが、ハンドルはかなり重要なチューニングになります。

 

最近の車はハンドルも小径の物が多いですが、少し昔の車だとハンドルが割と大きめです。

 

ハンドルが大きいと軽い力で操作ができますが、ハンドルを回す距離が長くなります。

 

つまりクイックな操作性を求めるなら一回り小さい径のハンドルに交換することでかなり良くなります。

 
純正のハンドル径は約36φになりますが、交換するなら35φや34φぐらいが良いでしょう。

 
あまり小さくしすぎるとクイックにはなりますが、操作時に力がかなり必要になるため、疲れてしまうでしょう。

 
そのために一回りぐらい小さいハンドルに交換がオススメです。

 

 

TRD ドアスタビライザー



 

ちゃまブロ!で何度か取り上げているドアスタビライザーもかなりフィーリングアップに貢献します。

 
ボディがしっかりするため、サスペンションがよく動くようになるので車の状態が分かりやすくなります。

 
またフィーリングアップだけではなく、車の限界も上がるため実質車が速くなるのです。
街乗りでも乗り心地が良くなるので本当にオススメのチューニングです。

 
ドアスタビライザーの効果については【ドアスタビライザーの驚くべき効果を紹介!】について詳しく紹介&解説してあるので、良ければご参照ください。

 

スポンサードリンク




 

足まわりブッシュ



 

足まわりのアームはブッシュとボルトにより取り付けられています。

 

純正のほとんどがゴムのブッシュですか、サスペンションで受け切れなかった衝撃をこのブッシュが吸収してくれています。

 
ブッシュか衝撃を吸収する=アームが余計な方向に動く

 

ということでもあります。

 
それ自体はダメということではありませんが、古い車だとゴムのブッシュが劣化していることかほとんどです。

 
ブッシュが劣化していればより余計な動きをしてしまいます。

 

それにより走行中にアライメントの変化が大きくなり、不安定になってしまいます。

 
古い車ならまずはアームのブッシュを交換すると良いでしょう。

 
これだけでかなり車の動きは良くなります。

 

 
ブッシュには
• 純正ゴム
• 強化ゴム
• ジュラコン樹脂
• ピロボール
等の種類がありますが、街乗りメインなら純正ゴム、ワインディング等なら強化ゴム、サーキット等ならジュラコンやピロが良いでしょう。

 

 
ただ一概に
「サーキットオンリーだからピロボール!」
とは言えません。

 

 
強化ゴムの方が乗りやすかったりする場合もあるのです。

 

 

 

エンジンマウント



 

エンジンを支えているゴム製のマウントですが、こちらも足まわりブッシュ同様に年数が経てば劣化してきます。

 

劣化すれば必要以上にエンジンが揺れるため、アクセルのフィーリングやシフトフィーリング等が悪くなってきます。

 
これも古い車種だと純正新品に交換するだけでもかなり良くなりますし、TRDやニスモのワークスからも強化マウントが販売されています。

 
強化マウントにすると、アクセルオン時やエンジンブレーキ時にエンジンの傾きが少なくなるために、レスポンスが良くなります。

 
またエンジンが動きにくいということは、ミッションも動きにくいのでシフトフィーリングも良くなるのです。

 
FR車等にはミッションにもマウントがあるため、エンジンマウントを交換する時は、同時にミッションのマウントも交換するとより良いでしょう。

 
エンジンマウントに関しては【強化エンジンマウントの効果!フィーリングアップアイテム】に記載してありますので、そちらをよろしければご参照ください。

 

スポンサードリンク




 

フライホイール



 

MT車には必ず付いているのがフライホイールです。

 

クラッチと一緒に付いているフライホイールですが、純正は街乗りがしやすくなるように重めのフライホイールになっています。

 

 

このフライホイールを軽量タイプに交換する事でエンジンの吹け上がりが軽くなります。

 
今まで高回転まで到達するのに時間がかかっていたのが、あっという間に到達してしまいます。
(車種やフライホイールにもよりますが)

 

 
ただし、極低速回転のトルクが減少したりしますが、メリットの方が大きいために十分に価値はあります。

 
ただ交換工賃がけっこうかかるため、クラッチを交換する際に同時に軽量フライホイールを取り付けた方が二度手間にならないでしょう。

 
また私の場合ですが、吹け上がりが良くなるためサーキットでの最高速度も上がりました。

 
レスポンスが良くなるのでアクセルコントロールも容易になりました。

 

 

まとめ

車を速くするにはパワーやトルクを上げる事もありますが、フィーリングを良くするだけでかなり車は速くなります。

 
またトラブルのリスクも少ないのでかなりオススメのチューニングです。

 
皆さんもフィーリングを良くして、気持ちよく速い車に仕上げていってください。

 
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事はこちら

SNSでもご購読できます。

ちゃまブロ!人気記事はこちら!

まだデータがありません。

コメントを残す

*