MR-Sの良い特性!他の車には存在しないメリット紹介!


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

先日MR-Sはセッティング次第で速くできる!と言いました。
.
【関連記事】
MR-Sはセッティング次第で速い車になる!

.
さらに今回はMR-Sの魅力を分かってもらうために、たくさんの長所を取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク


1. 安定性

MR-Sは凄く安定している車です。
その理由は《ホイールベース》です!
限界の高いMRですが、一旦挙動を乱せばどこに行くか分かりません…
これは非常に危険な事です!
しかしMR-Sはロングホイールベースにより、挙動が乱れてもすぐに立て直せるという優れた特性があります。

他の車と比較してみました。
• S2000                  2400mm
• FD3S                    2420mm
• エリーゼ               2300mm
• MR2(SW)       2400mm
• MR-S                    2450mm

MR-Sはバランスの良いS2000やFD3Sよりも、さらにホイールベースが長いです!

そして同じMRであるエリーゼやMR2よりも長いんです!

このロングホイールベースのおかげで、MR特有のスピンモードの早さを緩和しています。
つまり多少限界を超える運転をしても、車が安定しているためにリカバリーがしやすいという事になりますね。

安定性は非常に大切で、速く走るためには欠かせない要素の一つです!

ドライバーが安心できない車は、いくら車自体が速くてもその性能を引き出すことは難しいです…
なのでMR-Sは性能を引き出しやすい車という事に繋がります。

 

2.旋回能力

ロングホイールベースのおかげで安定性が高いことは分かりました。
しかし、ロングホイールベース=曲がりにくい…と思う方もいるでしょう。

しかしMR-Sは非常にコーナリングが速いのです。
それは《オーバーハング》の短さという武器の特性です。

オーバーハング

オーバーハングとは、大まかに言えばタイヤよりもはみ出ている場所になります。

このオーバーハングが長ければ、コーナリング時に慣性が大きくなり振り回されることになったり、ノーズが入りにくくなったりします。

基本車は先端にエアコンのコンデンサーやラジエーターがあります。
当然MR-Sも先端に付いています。

しかしMR-Sは他の車に比べてタイヤ先端付近にマウントされています。

image image
ラジエーターは冷却水が入っており、その重さは3〜4キロ近くになります。
もちろん車体先端にあるほど慣性は強くなりますが、MR-Sはその慣性が弱いためにスムーズなコーナリングを可能としています。

先ほどの車達と全長を比べてみます。
• S2000              4135mm
• FD3S                4285mm
• エリーゼ           3800mm
• MR2(SW)       4170mm
• MR-S                3885mm

1番エリーゼが短いですね。
その次にMR-Sです。
これだとエリーゼがオーバーハング部は短いと思うかも知れませんが、ホイールベースと比べてみましょう。

(注:ここでは全長−ホイールベースで計算しています。)

• S2000              1735mm
• FD3S                1865mm
• MR2(SW)       1770mm
• エリーゼ           1500mm
• MR-S                1435mm

断トツでMR-Sのオーバーハングの短さが分かりますね。
これは運動性能に直結する部分なので非常に重要です!

 

• 重量バランス

メーカーにより理想のバランスは違いますが、ほとんどのメーカーは50:50が理想としています。

たしかに50:50のバランスは運動性が良くハンドリングも良いのですが、ピーキーという弱点があります。

リヤが流れた時にカウンターを当てても出遅れ…
常に先読みした運転を強いられるのです。

しかし私は50:50が速いとは思いません。

50:50=速い
には結びつかないと思っています。

たとえ80:20だろうが30:70だろうがトータルでバランスの取れた車が速いのです!

MR-Sの重量バランスは42:58とかなりリヤヘビーです。
しかし、このリヤヘビーのおかげでワンテンポ早くアクセルを開ける事ができるのです。

先ほどのオーバーハング部の軽さのおかげでノーズが素早く入るため、ワンテンポ早くアクセルを開けてもアンダーステアが出にくいという合わせ技ですね。

トラクションもかなりかかるので、高いコーナリングスピードのまま、素早い脱出が可能です。

 

• 車両重量

おそらくこれが一番の武器になると思います。
軽い車はとにかくコントロールがしやすいです。
また車に負担も少ないので、各部品の劣化スピードも遅くなります。

• S2000                1240kg
• FD3S                  1260kg
• MR2(SW)         1230kg
• エリーゼ               900kg
• MR-S                    990kg
(注:車重はグレードにより異なるためにベースグレードのおおよその数値です)

こちらは断トツでエリーゼです。
しかし、国産ならMR-Sが勝ってます。
ロードスターも軽量ですが、NAロードスター以外は約1050kgありますね…

 

• まとめ

このようにMR-Sは優れている点は非常に多いです。
ボディ剛性が無いと言われますが、後期型でかなり改善されており、少しの補強で不満は無くなります。
エンジンパワーの無さもよく聞きますが、エンジンスワップやターボ化等で後からいくらでもパワーを上げることも可能です。

しかし先ほどの利点は後からどうすることもできません。
ホイールベースはなおさら変更など無理です。
この最初のポテンシャルはMR-Sのみに存在する武器なのです。

こんなにも可能性を秘めたMR-S…
乗ってみたくなりましたか?
乗ったことの無い方は是非乗ってみてください!
そして乗っている方は、どんどんMR-Sのポテンシャルを引き出していってください!
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*