未分類

FF ターンイン アドバイス


FF ターンイン方法

FF車には色々なターンイン方法がありますが、基本はブレーキでのターンインです。

元々フロント荷重のFFはアンダーステアが強い傾向にあります。

あまりにも強いブレーキングをするとフロントタイヤにかかる荷重が、タイヤグリップのキャパシティーを超えてしまいます。

しかししっかりとブレーキングすることは間違いではありません。

重要なのはいかにブレーキをリリースするかです。

すると余計な荷重が無くなり、ノーズがスッと入ってくれるはずです。

ターンインでもポイントは【ブレーキをいつまでも残さない】ですので、それをしっかりと守れば成功するはずですよ。
またブレーキ以外では【タックイン】があります。

これはアクセルをステアリングを切る時に抜く方法です。
駆動輪が前輪のFFはアクセルオンで前に行こうとする力が多く働いています。
これを消すことにより、横に行く力が瞬間的に大きくなることを利用して曲げる方法です。

しかし、タックインもブレーキングの基本ができていないと上手くいかないので、まずは基本であるブレーキングで姿勢を作っていく練習をしていってください。

【オススメ記事】
FF車のドライビングテクニック紹介

FF アンダーステア 出口 アドバイス

FF アンダーステア 出口 アドバイス

出口でのアンダーステアは2種類あります。

1.アクセルを早く開けすぎている
2.クリップを過ぎても車の向きが変わっていない

基本FFはアンダーステアのため、アクセルを開けるとよりアンダーステアになります。

車がしっかりと出口を向くまで、アクセルは開けるのを我慢してください。
アクセルオン=速い
には繋がりません。

我慢するところは我慢をして、車が出口を向いたらしっかりとアクセルを開けていけば、必ず車はスムーズにコーナー出口をクリアします。

2の場合は出口での失敗ではなく進入のミスなので、まずはちゃんとクリップ付近で車の向きを変える練習をオススメします。

恐らく2のアンダーを出す方は、1のアクセルオンも早過ぎるはずです。

FFは進入で全てが決まると言っても過言ではありません。

出口で失敗する方は、今一度進入で失敗していないか見直してください。

【オススメ記事】
• FF車のドライビングテクニック

FF アンダーステア 進入 アドバイス

FF アンダーステア 進入 アドバイス

FF車は基本特性がアンダーステアになっています。
進入でのアンダーステアは、ブレーキングで荷重がかかっていない、またはかかりすぎているのどちらかです。
クリッピングポイントをしっかりと見極めて、そこに目がけるように強く短くブレーキをしてください。
またそれで曲がらないと感じた時は、ブレーキをゆっくりとリリースしていけば必ず車は曲がってくれます。

メカニカル的な対処法としては
1.フロントタイヤを太くする
2.リヤタイヤを細くする
等のやり方がありますが、まずは純正サイズのタイヤホイールでしっかりと練習する事を強くオススメしますよ。

【オススメ記事】
FF車のドライビングテクニック

車を速く!タダでできるバンパーカットによる効果!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今まで色々なエアロ部品を試してきました    。
例えば
•GTウイング
•アンダーパネル
•ディフューザー
等ですね。

そして今回は【リアバンパーカット】を行いました。

このバンパーカットですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

基本的にバンパーカットではダウンフォースを増加する事はほとんど無いと思いますが、車を持ち上げる力=リフトを抑えることは可能です。

一番のメリットはリアバンパーによるパラシュート効果の低減でしょう。

フロントから流れてきた空気がリアバンパー内に溜まり、空気抵抗になるのを抑える事が出来れば、最高速や加速がかなり良くなります。

っということで、私のMR-Sも早速やってみました。

続きを読む

効果絶大!ガーニーフラップでここまで変わる!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回は【ガーニーフラップ】について書いていこうと思います。

ガーニーフラップの歴史はおいといて、ガーニーフラップとはウイング等の後端に付けるLアングルのことです。

っといってもほんのわずかな高さのアングルの部品ですね。

ガーニーフラップを付けることにより、今までの1.3.倍ぐらいのダウンフォースが得られます。

しかしこのガーニーフラップも効果の高いウイングと、低いウイングが存在するのです…

まずはガーニーフラップの原理から説明していきましょう。

続きを読む