未分類

イチオシFR車!ベスト3!

イチオシFR車!ベスト3!

FRの醍醐味と言えば何と言っても『車を操る楽しさ』です。

フロントはステアリングを担当し、リアは駆動を担当する…

4つのタイヤがそれぞれ役割分担するので、こういった操る楽しさが生まれます。

そんなFRですが、どんな車が今は『買い!』なのでしょう?

【ホンダ S2000】

S2000

ホンダの名車S2000。
後期型はまだ高いですが、前期型はかなり安くなってきました。
それでも程度の良い個体を買うと150万はします。
ですが生産中止となった現在でも、アフターパーツが豊富に出てきています。

HKSのGTスーパーチャージャーが良い例ですね。
前期型は10年以上前になりますが、前期型用キットが数年前に発売されました。

それほどS2000の可能性は大きいということです。

運動性能も抜群で、切れるようなコーナリングが持ち味です。
エンジンも専用開発されたF20Cで、一般車としてはありえない9000回転まで回すことが可能です。
NAの2Lでありながら、250馬力を絞り出すエンジンは圧巻です。

またオープンカーなので、開放感もかなりあります。
電動ソフトトップを備え、当時は開閉速度が国産一でした。

足回りもしっかりしており、サーキットを走らせれば速くしなやかに動きます。

限界が高いので高次元のコーナリングができるのですが、それが逆にピーキーな特性を生み出してしまっているのが欠点です…

しかし、そのピーキーな動きを制御するためのアフターパーツも多く販売されているが安心できる点ですね。
【マツダ RX-8】

RX-8
対S2000として作られたスポーツカーです。
乗ってみると分かるのですが、コーナリングはS2000を超えているのでは?と思うことも多々あるほどです。

後期型は未だ高いのですが、前期型はお手頃な価格になってきました。
ただトラブルが多少あったりしますが、メンテナンスをしっかりしていれば防げるものばかりです。

この車もアフターパーツがたくさん出ており、自分好みの一台に仕上げることができます。

エンジンはNA設計のロータリーで、9000回転まで回すことができます。

エンジンのフィーリングはかなり良いので、純粋にフィーリングを楽しみたい人には打ってつけです。

しかし、RX-8の魅力はやはり運動性能ですね。
ストレートではS2000に置いてかれることもありますが、エンジンフィーリングや足回りの作り込みが良いので、コーナリングでその差を縮めることが可能です。

4ドアなので車内もそこそこ広く、汎用性があります。
独特なドアは観音開きではなく【フリースタイルドア】というので、間違えると開発陣に怒られるので注意です。笑

 

【トヨタ•スバル 86&BRZ】

86

国産スポーツカーの中ではかなり新しい車です。
しかし発売から数年が経ち、中古車も多くなってきました。
値段はほんの少し高いかもですが、この車の魅力はこれからの可能性です。
ターボキットやスーパーチャージャーキット等のパワーアップや、ボディ等の外装アフターパーツがどんどん出てきています。

運動性能は良く、新しい年式ということもあり、ボディ剛性はかなりの物です。
シャープなコーナリングというよりは、安定したコーナリングで初心者からベテランまで楽しく運転することが可能ですね。

2L水平対向エンジンを搭載してますが、NAのためにパワーはそこそこ。
しかし、チューニングで化けるエンジンです。

ドラテクを覚えることにも最適な車なのではないでしょうか。

適応ホイールも豊富で、個性を引き出す部品はありふれているのもポイントです。

以上オススメFR車ベスト3でした!
今回のオススメは、FR持ち味の運転の楽しさを十二分に楽しめるラインナップにしました。

この3台は現在もアフターパーツの製作が続いているので、チューニングをする楽しさも十分にあります。

またある程度定番チューニング等も定まってきているので、チューニング初心者の方でも悩むことが少ないといった点もポイントですね。

【関連記事】
オススメFF車!ベスト3!
オススメMR車!
オススメ4WD車!ベスト3!
FR車のドライビングテクニック紹介!

イチオシFF車!ベスト3!

イチオシFF車!ベスト3!

まずFFの利点は
•軽量
•コンパクト
•安定感
です。

そんなFF車の現在イチオシを紹介します。
【ホンダ シビックFD2型】

シビック FD2
言わずと知れたFFスポーツの王道です。
発売当初は賛否両論がありましたが、現在はパーツも多く販売され、また高次元の運動性能が評価されています。
エンジンも今までのK20Aより煮詰められており、パワー&トルクも向上しています。
加速力はS2000を凌ぐほどです。

しばらくは値段が高かったですが、最近になりようやくお手頃な値段で中古が出るようになりました。

運動性能はかなり良く、FFとは思えないコーナリングをしてくれます。
フロントサスがストラットになったにもかかわらず、ダブルウィッシュボーンを凌ぐ性能です。

また燃費も普通に走ればリッターあたり12km以上は走るので、経済的にも良いですね。
【スズキ スイフト】

スイフトスポーツ
コンパクトスポーツを代表する1台です。
1.6Lエンジンでありながら、パワーとトルクを絞り出しています。
コンパクトなだけありコーナリングは軽快そのもので、街乗りをしているだけでも楽しく運転することができます。

またパーツも豊富で、個性を出したチューニングが出来るのも魅力ですね。

さらにターボキットも存在するので、装着すれば2Lの車相手でもサーキットで勝つとこができてしまいます。

燃費もかなりよく16〜18kmは走れるので、旅行やドライブといった場面でも活躍できます。
室内空間も広く、リヤシートに座っても快適なので、サーキット等走ることはしないけどスポーツが欲しい!という方にはベストなのではないでしょうか?

中古価格もZC31型ならかなりお手頃な価格で購入することができるので、初めて車を購入する方にもオススメできます。

 

【ホンダ インテグラ DC2】

DC2 インテグラ
またホンダで申し訳ありません…
しかし、FFスポーツと言えば!ですね。

最後のオススメ車は初代typeRのインテグラです。
1.8Lで200psを出すB18Cは本当に凄いですね。
また頑丈なので、なかなか壊れないのもポイントです。

このDC2インテグラですが、オススメする点はエンジンの他にも
•軽量
•運動性能
•パーツが豊富
というのがあります。

数十年前の車ですが、いまだ現役の名車ですね。
鈴鹿サーキットを28秒台で走ることもできちゃいます。
もちろんエンジンはノーマルのままでです。

中古車市場も値段が落ちているので、かなりお求め安いのもポイントです。
ただ程度のいい個体が少ないのが残念ですが、まずはDC2で練習しスキルが上がったら新型に乗り換える、という手段もできますね。

ジムカーナやサーキット、ダートラ等あらゆる場面で活躍できるオススメの一台です。
どうでしたか?
私的オススメFF車紹介!
最近は新車でスポーツカーが減ってきていますが、まだまだ中古車市場には素晴らしい車がたくさん眠っています。

FFは癖があり難しいことも多々ありますが、乗りこなせばハイパワーの車にさえも引けをとらない素晴らしい物ばかりです。

このFFの安定さを活かして走るのもまた楽しいですね!

【関連記事】
オススメFR!ベスト3!
オススメMR!
オススメ4WD!ベスト3!
FF車のドライビングテクニック紹介!

今が買い時!オススメ中古車ベスト3!【駆動別スポーツ編】

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

皆さんは車をどのようにして買ってますか?

値段?部品の多さ?スタイル?性能?

たくさん選ぶ理由はありますが、ここでは私が【今イチオシ】の車をベスト3で紹介したいと思います。
駆動別!今が買い時のオススメスポーツカー!
興味のある駆動方式をクリックして下さい!

【イチオシ!FF車!】

【イチオシ!FR車!】

【イチオシ!MR車!】

【イチオシ!4WD車!】

MR-Sパワーチェック!簡単なチューンでここまで変わる!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

この度はTwitter等で集まった皆様と【MR-Sパワーチェックオフ】をしてきました。



MR-Sのエンジンは1ZZのNAで、カタログ馬力は140psのトルクが17.4kgmとなっています。

本当に140psあるのか!

気になりますよね????
そして4人の方がパワーチェックに参戦!

続きを読む

FF 立ち上がり アドバイス

FF 立ち上がり アドバイス

FF車は言わざる事ながら前輪駆動です。
前輪駆動故に立ち上がりでのアクセルコントロールはかなり重要になってきます。

アクセルオン=リヤ荷重
になるからですね。

FFの立ち上がりで悩んでる方のほとんどはアクセルコントロールだと思います。

いかに前輪にトラクションを与えて前に進ませるか…

とにかゆっくりとアクセルを入れるしかありません。
ホイールスピンさせないように、ゆっくりと確実にアクセルをオンにしていきましょう。
メカニカル的な方法としては
• フロント車高を低くする
• フロントタイヤを太くする
がありますが、まずは純正サイズでアクセルコントロールをしっかりと練習することをオススメします。

アクセルコントロールがしっかりとできるようになれば、メカニカル的な対処法をした後に、セッティングを活かした走り方ができるでしょう。

【オススメ記事】
FF車のドライビングテクニック