部品解説&思考

バンテージの効果!メリットとデメリットの紹介!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
皆さんはエキマニを社外品に交換した時はどうしています?

 
エキマニ交換で出てくる悩みといえば熱対策ですよね ♪
そんな対策アイテムの1つが【サーモバンテージ】です。

 

 

 

しかしこのバンテージですが、昔から巻く派と巻かない派ではっきり分かれます!

 

 

今回はそんなバンテージについてお話ししていきます。

続きを読む

プラグの種類【熱価と選び方】

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
皆さんは【プラグ】のチェックはしていますか?

 
普段目につく場所にも無いし、車検以外で点検する事も無い方もいると思います。

 
最近はイリジウムプラグが純正で取り付けてあり、5万キロメンテナンスフリーとなっている車種もあるでしょう。

 
しかしそんな目立たないプラグですが、絶対に無くてはいけない部品です。

 
プラグ1つで車が激変!

 

そんな事もあります。

 
プラグにはたくさんの種類があり、さらに熱価にも種類があるので一体どれを付ければいいのか…

 
今回はそんなプラグの選び方や種類の紹介をしていきます。

 

1. プラグの種類

プラグには種類があります。
大まかには
• 低熱価(焼け型)
• 高熱価(冷え型)
の2種類になります。
よくある間違いが
低熱価は低い熱価だから冷え型!
高熱価は高い熱価だから焼け型!
と覚える方もいます。
私が整備の勉強をしていた時は
【低焼高冷(ていしょう こうれい)】
というゴロで覚えました。

 

そのまんまですが 笑

 
プラグを選ぶにもこれを覚えとかないと選び難くなってしまうので、間違えないようにしてくださいね ♪

 
ではこの種類に付いて説明していきます。

 

a. 低熱価(焼け型)

低熱価プラグは画像のようにガスポケットが深く、碍子脚部も長いのが特徴です。

プラグ 低熱価

碍子脚部が長くガスポケットも深いので、放熱による冷却が遅くなります。

 
温められる場所が多く、その周りを囲っているから冷却ができない
と思えばイメージしやすいかと思います。

 

低熱価プラグは低回転型系のエンジンに使用されます。
特に街乗り用の車が多いです。
また寒い季節の時に始動性も良いのが特徴です。

 

 
b. 高熱価(冷え型)

 

こちらは低熱価プラグとは逆で、画像のように碍子脚部が短くガスポケットも浅いのが特徴です。

プラグ 高熱価
温められる場所が少なく、周りを囲まれていないので放熱しやすいと思えばイメージしやすいかと思います。
主に高回転型系のエンジンに付いていることが多いです。

 

放熱性が良いので、高回転時の高温になったシリンダー内でもきちんと火花を出すことができます。
反面寒い季節の始動性は低熱価プラグに劣ります。

 

 

2. プラグの選び方

低熱価と高熱価のプラグの2種類があることは分かったと思います ♪
ではどちらのプラグを付ければ良いのでしょう?

 
まずは純正のプラグを確認してみてください。
例えばNGKだとBKR5EYA-11の番号が書かれていたプラグだったとします。

 

この場合BKR5EYA-11の5が熱価となります。

 

 

NGKの場合熱価の番数が5〜10の幅があるので、このプラグは低熱価という事になります。
(他にも番数があった場合はご了承下さい)

 
図にするとこんな感じですね ♪

プラグ 図

 

注:この図は分かりやすくするための物です。
図では7番は低熱価になってますが、エンジンによって変わってきます。

 
外したプラグの番号を確認したら、碍子脚部をチェックしてみてください。

 
黒くなっていれば熱価番数が大きすぎで、白くなっていれば熱価番数は足りていません。

 

碍子脚部がキツネ色に焼けていたら適切という目安になります。

 

なら、チェックしてキツネ色になっていれば正解ですよね ♪
しかしそこが最大の落とし穴だったりもします!!

 

 

例えば街乗りもするけど、たまにスポーツ走行もする人がいたとします。

その人が街乗りで半年使ったプラグの焼け具合を確認すると、キツネ色になっていました。

それを見て「適切な番数だ」と思い車に取り付けました。

 
一見正解に見えますが、実は半分正解の半分間違いなんです。

 
街乗りのみでは番数は合ってるかもしれませんが、スポーツ走行をすれば番数が足りません…

 
スポーツ走行後にプラグを確認すれば、きっと焼け過ぎになっているでしょう。

 
毎回スポーツ走行時にプラグを大きな番数の物に交換すれば大丈夫なのですが、なかなかそこまでする人もいないと思います。

 
なのでこの場合は試しに1番だけ熱価を上げてみてください。

 
6番のプラグを普段から使っているのであれば7番に交換するといった感じです。

 
番数を上げるのを嫌う人もいますが、私の経験上番数を上げても普段の走行に支障はありませんでした。

続きを読む

【必須】簡単なエアクリーナーの遮熱板の作り方紹介!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

以前エアクリーナーによるパワーアップやフィーリングアップについてお話ししました。

 
過去記事
エアクリーナー交換で車が激変!
社外エアクリーナーのメリット&デメリット

 
その記事の中で【遮熱板】という言葉が何回か出てきました。

 
今回はその遮熱板を簡単に、しかもかなり効果のある作り方を紹介します!

1. 用意するもの

材料ですが
1. アルミ板(0.6〜0.8mm程度)
2. プラダン
3. 厚紙(薄いダンボールでもOK)
の3つだけです。

 
工具は
1. 金切バサミ
2. ドリル
3. メガネやスパナ等のボルトを締めれる物
4. カッターナイフ
5. ハサミ

 

 

この2つの材料はホームセンターにも売ってるので、どなたでも手軽に購入する事ができます。

 
工具も同じくホームセンター等で購入可能です。

 

アルミ板の厚さが0.6〜0.8mmなのは金切バサミで簡単に切ることができるためです。
もっと薄いアルミ板もありますが、強度が無いため避けるのが無難です。

 

ドリルは車体にボルト穴を開けたり、アルミ板を開けたりするのに使います。
サイズは3mm〜10mmで揃えておけば問題無いと思います。

 

必要材料等には記載しませんでしたが、両面テープやリベットがあれば便利ですよ ♪

 
ちなみに今回教える遮熱板の構造はこんな感じです。

 

遮熱板 構造
単なる2層構造ですが、結構効果あるんですよ?

 

2. 型の製作

遮熱板製作で最も重要な部分です。

 
厚紙を切ってエアクリーナーを囲うような感じ、または熱源を仕切るような感じで型を作っていきます。

 
この時に固定箇所も予め決めておくと、かなり後の作業がスムーズにいき失敗しません。

 
エアクリーナーの形や車体によって固定箇所が変わっていくので、自分の取り付けやすい場所を選べば大丈夫です。

 
例えばこのシビックなら
剥き出しのエアクリーナーの横に仕切りを入れるだけでも十分変わります。

(画像のオレンジの線の場所に付けます)

遮熱板 取り付け場所
取り付けは、前は冷却水のリザーブタンクステーのボルトを利用して共締めで大丈夫ですね。

 
後は板をL字に折り曲げてストラット部に両面テープでも大丈夫ですし、画像では見えませんがエアクリーナー下にもボルト穴があるので、それを利用しても構いません。

 
どうしても固定する場所がない場合は、汎用のステーで固定場所を作る等の工夫が必要になります。

 
固定に関しては皆様の知恵をフルに活用してください ♪

 

3. アルミ板の加工

 

注: アルミ板を金切バサミで加工する際には、手などをアルミ板等で切らないように手袋をオススメします。
先程作った型を使い、アルミ板を切り出していきます。

(切り出しは金切バサミを使用します。)

image
型をしっかり作っていれば凄く簡単です。

 
しっかり作っていないと?…
逆に時間がかかったり、取り付け時に上手く付かないことがあるので注意しましょう。

続きを読む

サスペンション構造によるメリットとデメリット!性能の違い!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
世の中には様々なサスペンションの形式があります。

スポーツ走行に適した形状、街乗りに適した形状、または室内空間を広くできる構造…

 

本当にたくさんの種類があります。

 

自分の車のサスペンションは一体どのようなメリットやデメリットがあるのか気になりませんか?

 

今回はそのサスペンションの形式の紹介と解説になります。

続きを読む

ワイトレのメリットとデメリット!簡単にセッティングもできる!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 

皆さんはホイールのオフセットはどうしていますか?
「もっと外に出したいけど、今のホイールが気に入ってるから…」
「色んなオフセットでセッティングの幅を広げたい!」
そんな方にオススメなのが
【ワイドトレッドスペーサー】

 

 

通称ワイトレ
です!

 

今回はそんな便利なワイトレの紹介をしていきます!

続きを読む

サスペンションの全てを教えます!その性能と使い方!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
今まで数多くの足回りに関しての記事を書いてきましたが、今回はその総集編です。

実は先日Twitterであるアンケートを行いました。
(私ちゃまは@namusonnでやっています)

結構な割合で【足回り】に興味のある方がいます。

 
なので皆様にもっと興味を持ってもらべく、今回はかなり深いところまでお話ししたいとおもいますので、お付き合いください ♪

 
まず、足回りと言っても種類があります。
1. サスペンション
2. アーム
3. ブッシュ
4. サブフレーム
ザッと思いつくだけでもこれぐらいはありますよね。

それでは1つづつ見ていきましょう ♪

 

 

1. サスペンション

足回りといえばサスペンションですよね!
サスペンションにも種類があります。
大きく分けて

a. 純正タイプサスペンション
b. 車高調

の2種類があります。

 

それぞれメリットとデメリットがあるので、紹介していきましょう。

 
a. 純正タイプサスペンション
これは純正形状のダンパーとバネを使用したサスペンションです。
基本的に安価ですが、純正形状のため乗り心地もよく、あらゆるステージを考えられて作られています。
あらゆるステージと言うと万能に思えますが、秀でた特性も無いので、スポーツ走行で攻め込んだりする場合は少々役不足に思えることもあります。

 
ただし車の動きが分かりやすいので、ブレーキングやコーナリングの荷重移動の練習にはもってこいと言えるのではないでしょうか?

 
かなり扱いやすいので、下手なスポーツ車高調よりも性能が良い場合もあるので、ワインディング等では気持ちよく運転が出来ます。

 
実際私もワインディングを純正形状のサスペンションで走った事がありますが、ワインディングや街乗りだけなら間違いなくこちらのサスペンションを選びます。

 
それぐらい車の特性を損なうことなく、且つ扱いやすいサスペンションです。

 
b. 車高調
純正形状のサスペンションの弱点は車高が変えられない(変えるのには時間もお金もかかる)という物もありますが、こちらはタイヤを外すだけで車高が変えられるのが最大のメリットです。

 
バネも純正形状と違い【直巻式】というストレートなバネを使うのが一般的です。

 
ストリート用の物も売ってますが、基本はスポーツ走行がメインの物が多いと思います。
値段はピンキリで、格安の物もあれば数百万する物もあります。

 

しかし高ければ良いと言うものではなく、自分の運転やステージに合ったものをいかに選べるか!がかなり重要になってきます。

 
基本的にこのサスペンションは高減衰で、純正のダンパーよりもストロークスピードはゆっくりしています。
なので車高調にしたら「乗り心地が悪くなった!」ということがあるので注意してください。

 
高減衰ということは、車の動きがゆっくりになります。
つまり【ドライバーが車の動きを感じにくい】ということです。
今まで曲がれば横に傾き、ブレーキを踏めば前に傾いていたのが、極端に言えば無くなってしまうのです。
このサスペンションを使い切るには、今まで以上のロールを作り出さないと曲がらず、今まで以上の強いブレーキをしなければ止まらなくなります。
しかし逆を言えば
【高い次元でのコーナリングやブレーキングが可能!】
ということです。

 

要するに速いコーナリングができ、短い制動ができるということですね ♪

 
よく
「車高調を付けたのに速くならない!」
と言う方がいますが、これは今までと同じような運転をしていても駄目!
ということです。

 
オススメとしてはまず、純正サスペンションでしっかりと荷重移動の練習をしてから、高減衰の車高調を付けてみるのが良いと思います。

 
とにかく車に動きを付ける事が大切です。
メリハリのある運転ができるように練習していきましょう ♪
(私も人の事いえませんが 笑)

 

 

2. アーム

サスペンションはアームが無ければ始まりません。
アームはかなり重要で、走行性能や路面追従性の性能に関わってきます。

しかし基本アームの位置は変更できません。
私たちが唯一できる事が【アライメント】です。

 
アライメントは四輪のタイヤの向きや角度のことで、これが基準値からズレると走行性能に支障をきたします。

 
主に販売されているアームは、純正では取りきれないアライメントを適正化させるためのものが多く、普通は取り付けボルト(偏心ボルト)を回して調整しますが、社外のアームはそれ自体にネジがあり、微調整ができたりします。

 
また純正よりも剛性の高い物を使用すれば、よりサスペンションの動きが良くなり、乗り心地や走行性能が上がります。

 
またアームには【ロールセンターアジャスター】という物があります。

 

純正アームに取り付けるものや、社外アームに最初から付いているものもあります。

 
これは車高を下げたことにより、アームがバンザイしたようになることを防止する部品です。

 
ではアジャスターを取り付けずに車高を下げるとアームの動きはどうなるのでしょう?

ロールセンターアジャスター無し

この図のように作動角度が狭くなるので、大きくロールした時はアームがフレームに当たってしまい、車が曲がらなくなったり最悪破損してしまう可能性がありますね。

 
実際車高下げたら曲がらなくなり、コーナリング中に車が跳ね出すという事もありました。

 

そしてロールセンターアジャスターを付けた図がこちらです。

ロールセンターアジャスター有り

角度に余裕ができて、サスペンションのストローク量に対応できるようになります。

 
かなり地味な部品ですが、性能を出し切るには必要な部品ではないでしょうか?

続きを読む