部品解説&思考

オススメ軽量化!ドライバッテリーはコスパも最高!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
このブログの過去の記事に【軽量化は大切】と何回も出てきていると思いますが、本当に軽量化は物凄く大切です。
軽量化をするだけで車の動きが別物に変わったりします。
そんな軽量化ですが、今回私は【バッテリー】の軽量化を実施しました。

 

皆様は車のバッテリーはどれぐらいの重さなのか知っていますか?
最近の車は電装系が多く搭載されている事もあり、年々大きなバッテリーを積んでいますが、一般的な40Bサイズの重さは約8〜9キロあるのです。

意外ですね(汗

 
結構小さいバッテリーでもかなりの重さがあるのです。

 

そこで比較的軽量なドライバッテリーというものがあります。

 

こちらは40B相当の物だと約5〜6キロになります。

 

これだけでも2キロの軽量化ですね!

 

 

しかし今回私が使用したバッテリーはリチウム系のドライバッテリーです。
重量は40B相当の物で、なんと!1.6キロしかないのです!

 

普通のバッテリーが8キロぐらいなので、これは約6〜7キロの軽量化になります!

 

「でもドライバッテリーは値段が高いから…」

 

私も同じことを思ってました。

 
普通のバッテリーは40Bサイズなら1万円でお釣りが来ますが、ドライバッテリーになれば3倍から5倍の金額になってしまいます…

 
しかしそれをバッテリーと思うから高く思うのですが、軽量化と考えればどうでしょう?

続きを読む

ハンドル交換で操作性UP! オススメの理由はこちら!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
皆さんは車のハンドルを変えていますか?

 
もちろん純正も使いやすく高性能な物もたくさんあります。

 
しかしワンランク上の操作性等を狙って、交換してみるのもありかもしれません。

 

 

1. ハンドル交換のメリット

そもそも最初から付いているハンドルを交換するメリットは何なのでしょう?
1番のメリットは【操作性】です。

 

なぜ操作性が上がるのか?

 

純正ハンドルは太さや外径が決まっています。
しかし人によって手の大きさや腕の長さが違うので、社外ハンドルにより自分に合った物にする事ができます。

 

また外径が重要で、基本ハンドル交換をすると、純正の外径よりも小さくなります。
小さくするとどのようになるのか?
答えは【素早い操作】ができるようになります。
こちらの図を見てもらえばすぐに分かりますね ♪

ハンドル メリット

一周辺りの距離が短くなるので、素早く向きを変えられるのです。

 

2. ハンドル交換のデメリット

しかしもちろんデメリットも存在します。

 

外径が小さくなる事によりハンドルが重くなってしまいます。
これはテコの原理上仕方のない事…

 

なので、あまり小さすぎるハンドルにすると

『素早い操作ができるようになったが、力がいるので早く動かせない』

となってしまうのです…

これでは折角交換した意味がありません。

 

目安としては純正サイズの1〜2サイズダウンが良いと思います。
例: 純正が38φなら、社外の36φ

 

続きを読む

バケットシートで快適ドライブ!選択や車検時の注意点!

 

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回のテーマは【バケットシート】です!

バケットシートと言っても数多くのメーカーや種類が存在します。
「有名メーカーのシートを買った!でも届いてみたらサイズが合わない…」
こんな体験をした方もいるのではないでしょうか?
私も同じ体験をしたことがあります…
バケットシートにも色々な目的があるので、そこらを重点的に紹介&解説していきたいと思います。

1. 種類

バケットシートには種類があります。
大まかにですが
• セミバケットシート
• フルバケットシート
の2種類があります。

 

セミバケットシートは基本リクライニング式のバケットシートで、乗り降りのし易さや快適性の向上が主です。

セミバケ
もちろんバケットシートなので、純正に比べてホールド力も上がるので、スポーツ走行等をしたときに体がズレにくいのが最大のメリットですね。

 

 

 

フルバケットシートはリクライニングはできません。

フルバケ
その代わり、素晴らしいホールド力を得ることができます。
スポーツ走行等をしているときに、今までは車の内装に膝を当てて体がズレるのを制御していた事が、フルバケによりズレることが無いので、より正確なドライビングができるのが最大のメリットです。

簡単にまとめると
『セミバケはスポーツ走行もでき、日常生活にも支障がなく、フルバケはスポーツ走行専用で、乗り降りがしにくい』
ということですかね。

ただフルバケも慣れてしまえば乗り降りもスムーズにできるので、あまりデメリットにはならないかもですね。

 

2. 車検

シート交換するにあたり、気になる事が【車検】だと思います。
車検は地域によって基準が違う恐れがあるので絶対とは言い切れませんが、基本フルバケは車検NGです。
これはフルバケの背面がFRPまたはカーボン等が剥き出しで、後部座席に座っている人の乗員保護ができていない、という理由からです。
しかしメーカー等のオプション品で、プロテクター(メーカーにより名前は変わります)というシートの背面に貼り付ける生地が存在します。
これを付ければほとんどは車検対応になると思われます。

またメーカー品でないシート
例: ネットショッピング等で購入した、車検適合品の証明書が付いてないシート
は、車検に通らない場合があります。
これはシートの強度に対する基準です。

基準は分かりませんが、確実に車検に受かりたい方はシートを純正に戻すか、車検対応品の証明書が付いたシートを購入する方が良いでしょう。
またシート取り付けには絶対必要な【シートレール】もメーカー品が無難です。
こちらも無名の商品の場合は、車検に通らない場合が出てきます。
私がオススメするシートレールは
• RECARO
• BRIDE
• JURAN
の3社です。
メーカー品ですので、しっかりした強度やガタ付きもありません。

続きを読む

社外エアクリーナーの効果!そのメリット&デメリット

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
今回のテーマは【エアクリーナー】です。

 
エアクリーナーと言えば『吸入』ですよね?

 
車をチューニングする上で、エアクリーナーを社外の低抵抗のタイプに交換する方はたくさんいると思います。

 
エアクリーナーを交換する目的の1つと言えば
【パワーアップ】
があるでしょう。

 
ではなぜエアクリーナーを交換するとパワーが上がるのでしょうか?
答えは1つです。

 

 

そう、空気をたくさん吸うことができる!からです。
エンジンは空気を吸わななければパワーも出ませんし、自分で動くことすらできません。
しかし、このエアクリーナー交換には落とし穴があるのです。

 

自動車整備の勉強をした方なら見たことがあると思いますが、エンジンの行程は
吸入→圧縮→燃焼→排気
ですね。
つまりこの行程を見る限りでは、最初の『吸入』を良くしてやればパワーが上がるはずです。
そう!そこが落とし穴なのです!

最後の『排気』…
これがポイントなんです。
排気しないことにはエンジンは空気を吸うことができません。
よく連休の高速道路のインターで渋滞していることがありませんか?

これは高速道路が2〜3車線なのに対して、インターの分岐が1〜2車線と狭くなっているからです。
(もちろん他の理由もありますが)

エンジンにも同じことが言えます。
排気で詰まってしまえば、空気もスムーズ吸い込むことができなくなってしまうのです。

つまり、社外の低抵抗エアクリーナーに交換するには、その前にマフラー等の排気系等も見直さないといけない!ということになります。

 

続きを読む

カーボンクラッチの性能!これはかなりオススメです!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
いきなりですが、私のMR-Sが少しバージョンアップしちゃいました。
何をしたかというと?

カーボンクラッチ&カーボンLSDを搭載しちゃいました。

カーボンクラッチ
という事で、今回は【カーボンクラッチ】について書いていこうと思います。

 

まずクラッチを強化品に交換する理由は「ハイパワーでも滑らせない!」だと思いますが、今回はクラッチディスクよりも、回転物の軽量化をメインに交換しました。
強化クラッチセットは主に

• 強化クラッチカバー
• 強化クラッチディスク
• 軽量フライホイール

の3点が付いてきます。
クラッチカバーはクラッチディスクの圧着力を高める部品で、クラッチディスクはエンジンの回転をミッションに伝達するものです。

フライホイールは回転の勢いを落とさないようにする弾み車みたいな物です。
エンジンのフィーリングアップとしては、この軽量フライホイールが1番関わってきます。

回転物なので、軽くすればするほどエンジンの吹け上がりが良くなるわけですね。
ただあまりにも軽くすると発進時にエンストしやすくなったり、極低速回転のトルクが減少してしまうというデメリットもあります。

純正のフライホイールは平均で7〜10キロの重さがあります。

MR-Sの純正フライホイールの重さは、約7キロですね。
今回のクラッチセットに付属していたフライホイールの重量は約4キロです。

純正から約3キロの軽量化になりますね。
これだけでもかなり吹け上がりやフィーリングは変わってきます。
しかし、今回はカーボンクラッチです!
もちろんクラッチディスクがカーボンなので、その重量もかなり変わってきます!

メタルクラッチディスクやノンアスクラッチディスクの平均重量は1〜1.5キロと聞きます。

フライホイール重量はカタログに記載されてますが、ディスク重量の記載はほとんどありません…
カーボンクラッチディスクは重量が記載されており、その重さは160gしかありません!
(注: ディスクのみの重さで、ハブの重さは含まれてません。)
他の強化ディスクに比べて、その重さは1/10です!
フライホイールをさらに1キロ軽くしたぐらいのフィーリングアップに繋がります。
強化クラッチセットではフライホイールの重さを重要視する方はかなりいますが、ディスクの重さを重要視する方はほとんどいないのでは無いでしょうか?
意外な盲点ですね。
さらにカーボンクラッチディスクは特性上マイルドな繋がりをするので、普通のクラッチディスクについているダンパースプリング等は一切付いていません。

これももちろん軽量化に繋がっています。

エンジンレスポンスアップやフィーリングアップについては、かなり良いこと尽くしというのが分かりました。

では肝心のパワー伝達はどうなのでしょうか?
カーボンクラッチは先程も書いたようにマイルドな繋がりをします。

しかしその伝達力は大きくメタルクラッチ並です。

続きを読む

LSD デフの効果! メリット&デメリット紹介!

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回は【LSD リミット•スリップ•デファレンシャル】について書いていきます。

 

 

1. LSDって?

デフは元々どの車にも必ず装着されている部品です。
しかし大抵はオープンデフと言って、車が曲がる時イン側とアウト側のタイヤの回転差を吸収するための部品です。

LSDはその回転差をある程度無くし、立ち上がりを良くしたり、走行を安定させることが目的の部品です。
しかし良いことばかりではありません。

車がスムーズに曲がるには左右の回転差を吸収しなくてはいけません。

つまりLSDを入れることにより曲がりにくくなってしまうのです!

ただスポーツ走行においては、コーナーの立ち上がりや、ブレーキング時の安定性の方が重要なために採用されています。

 

 

2. LSDの種類

LSDにはいくつか種類があります。
その代表的な物を紹介します。
1. ヘリカル&トルセンLSD

よく純正オプション等で採用されているLSDです。
デフのボディ内に小さなピニオンギヤが入っており、左右の回転差が生じるとピニオンがデフボディの内側に押し付けられる事で回転差を無くそうとしています。

当然ピニオンギヤが減ってくれば効きは悪くなってきますが、元々それほど強いLSDでは無いので、しっかりとオイル交換をしていれば気にすることはありません。
2. ビスカスLSD

こちらも純正オプション等で採用されているLSDです。

トルセンと違う点は、オイルの粘土により回転差を無くそうとさせるLSDです。

機械的では無いので、効果はどのLSDよりも弱いです。
またオイルの劣化とともに効果も弱くなってくるので、マメなオイル交換が必要になってきます。

ただ弱い故に、スムーズなコーナリングが可能というメリットがあります。
3. 機械式LSD

社外品では圧倒的にこちらのLSDが多いです。
基本的にLSDと言えば機械式を意味するぐらい印象が強いと思います。

先ほど2つLSDを紹介しましたが、機械式はどの方式よりも強力な効果があります。

慣れない人が装着すれば
「車が全然曲がらない!」
と思うぐらい効果が出ます。

しかし、使いこなすことにより圧倒的に速く走れるようにもなれます。
そしてこの機械式ですが、作動方式にも種類があります。
a. 1way

アクセルONのみ作動する方式です。
元々曲がりにくいFF車に使うのが一般的ですが、4WDのフロントに組まれることもあります。
ブレーキング等アクセルを踏んで無い時には作動しないので、ブレーキングで車を曲げやすくはなりますが、安定性はノーマルとほぼ同じです。

デメリットはアクセルコントロールのみでクリアするコーナーで挙動が乱れやすくなったりします。
b. 1.5way

アクセルONの時には100%作動し、アクセルOFFの時には50%作動する方式です。

FFでもブレーキング時に安定させたい時や、FRでもスムーズにコーナリングしたい時に主に使われます。

世の中では1番多く市場に出回っている方式だと思います。

迷ったらこの方式!と言っても良いほど汎用性に優れてます。
c. 2way

アクセルONでもOFFでも100%作動する方式です。

どの方式よりも曲がりにくくなりますが、抜群の安定性を得ることができます。

ただしっかりと車を曲げる技術が無いとなかなか扱いが難しいというデメリットがあります。

しかし、挙動が一定のためにコントロール性は格段に上がります。

続きを読む