バケットシートで快適ドライブ!選択や車検時の注意点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


 

おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆
今回のテーマは【バケットシート】です!

バケットシートと言っても数多くのメーカーや種類が存在します。
「有名メーカーのシートを買った!でも届いてみたらサイズが合わない…」
こんな体験をした方もいるのではないでしょうか?
私も同じ体験をしたことがあります…
バケットシートにも色々な目的があるので、そこらを重点的に紹介&解説していきたいと思います。

1. 種類

バケットシートには種類があります。
大まかにですが
• セミバケットシート
• フルバケットシート
の2種類があります。

 

セミバケットシートは基本リクライニング式のバケットシートで、乗り降りのし易さや快適性の向上が主です。

セミバケ
もちろんバケットシートなので、純正に比べてホールド力も上がるので、スポーツ走行等をしたときに体がズレにくいのが最大のメリットですね。

 

 

 

フルバケットシートはリクライニングはできません。

フルバケ
その代わり、素晴らしいホールド力を得ることができます。
スポーツ走行等をしているときに、今までは車の内装に膝を当てて体がズレるのを制御していた事が、フルバケによりズレることが無いので、より正確なドライビングができるのが最大のメリットです。

簡単にまとめると
『セミバケはスポーツ走行もでき、日常生活にも支障がなく、フルバケはスポーツ走行専用で、乗り降りがしにくい』
ということですかね。

ただフルバケも慣れてしまえば乗り降りもスムーズにできるので、あまりデメリットにはならないかもですね。

 

2. 車検

シート交換するにあたり、気になる事が【車検】だと思います。
車検は地域によって基準が違う恐れがあるので絶対とは言い切れませんが、基本フルバケは車検NGです。
これはフルバケの背面がFRPまたはカーボン等が剥き出しで、後部座席に座っている人の乗員保護ができていない、という理由からです。
しかしメーカー等のオプション品で、プロテクター(メーカーにより名前は変わります)というシートの背面に貼り付ける生地が存在します。
これを付ければほとんどは車検対応になると思われます。

またメーカー品でないシート
例: ネットショッピング等で購入した、車検適合品の証明書が付いてないシート
は、車検に通らない場合があります。
これはシートの強度に対する基準です。

基準は分かりませんが、確実に車検に受かりたい方はシートを純正に戻すか、車検対応品の証明書が付いたシートを購入する方が良いでしょう。
またシート取り付けには絶対必要な【シートレール】もメーカー品が無難です。
こちらも無名の商品の場合は、車検に通らない場合が出てきます。
私がオススメするシートレールは
• RECARO
• BRIDE
• JURAN
の3社です。
メーカー品ですので、しっかりした強度やガタ付きもありません。

スポンサードリンク


3. シート選び

「せっかく買ったのに体に合わない!」
こんなことにならないようにする1番の方法は
実際に座ってみる!
です。
実際に座って確かめれば確実です。
ただ、欲しいシートがお店に置いてなくて座れない…

こんな事も絶対に出てきますが、そんな時はそれに近いサイズのシートに座ってみればある程度の確認はできます。
ただ、同じサイズでもパッドの厚さや、生地の質感までは同じではない可能性があるので、専門店等に問い合わせてみるのが良いですね ♪

「近くに専門店も無いし、メーカー品は高くて買えない!」

 

こんな方もいるでしょう。

 

私もその1人です。
私はイベント等に行ったときに、シートに座ってみて、それに良く似たタイプの物を購入しています。
もちろん届いた商品は、実際座ってみるとホールド感等が違います。
そんな時はホームセンター等でスポンジを購入して、シートの中に入れて合わせています。
また形状が似ていれば、メーカーオプション品の後付けパッドも付けれますから、自分好みにアジャストしていけば大丈夫です。
ただあまりにも体とのサイズが違えばアジャストしきれないので、やはり1度でも似た形状の物に座ってみるのがオススメです。

 

4. 流用

バケットシートでよくあるのが【流用】です。

他の車種のシートを使うのですが、純正で付いてる物なので、もちろんメーカー品です。
車検も取り付けがしっかりしてるなら必ず受かるのがポイントですね。
シートレールも販売されている物を使えば取り付けることが可能なので、純正バケットシートを中古等で購入すれば、コストも抑えることができます。
よく流用されるのは
ホンダのタイプR等に使われているRECAROシートです。
リクライニング式で乗り心地もかなり良いですよ ♪

 

 

 
バケットシートはかなりの種類がありますが、失敗しないシート選びのコツをまとめると
• 自分の車の用途に合った物を考える
• 実際に座ってみる
• 専門店等に問い合わせてみる

の3点が重要ですね ♪

体にフィットするシートは本当に快適です!

例えフルバケでも体にフィットすれば、長距離でも疲れる事がありませんよ ♪

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【ちゃまブロ!人気記事】
• タワーバーのメリット&デメリット!
• タワーバーの種類を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*