MR-S用リヤカナード完成!自作で簡単ダウンフォース!


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

今回の記事は前回の【MR-S リヤカナード製作】の続きです。

.
【関連記事】
MR-S リヤカナード製作 工作編
.

前回で形や位置を決めたので、今回は塗装と本設置になりますね。
塗装ですが、かなり見た目に関わる所なのでしっかり手抜きなくしていきます。

スポンサードリンク



まず400番の耐水ペーパーでしっかりと足付けします。

これをやらなかったり中途半端だと塗装が剥がれてしまうので、絶対にしっかり行います。

全体をペーパーで磨いた後は中性洗剤で洗います。

粉や油分を取り除くための作業なのですが、これもやらないと塗装が弾いて綺麗になりません。

洗浄した後は完全に水分がなくなるまで乾かします。

乾いた後にシリコンオフ等ので脱脂をし、いよいよ塗装です。
今回はボディ同色をさけ、ブラックに塗ります。
素材がアルミ複合板という事もあり、念のために金属用のプライマーをかるく吹いておきました。
プライマーは塗料の付きにくい素材に、しっかりと塗料を乗せるための物ですね。

サフェーサーで下地を作るのもいいのですが、今回はプライマー後に直接塗装します。
一回では塗らず、4〜5回に分けて塗っていきます。

塗装の入りにくい場所から順に塗ると綺麗に塗ることができます。
そして乾燥させて塗装は完了です。
ホームセンターの缶スプレーなのですが、上手く塗ればかなり綺麗に仕上がります。
さて、いよいよ本題の取り付けです。
前回で取り付け穴は開いているので、ボルトを使って固定するだけです。
ここはサクッと完成!
カナードを取り付け、車体にリヤバンパーやその他パーツを取り付けます。

そして完成!!

リヤカナード 3

 

リヤカナード 2
全然さりげなくないですね。笑

リヤタイヤからの乱流を上手く整流してくれそうです。

前方からの見た目が私的に好きです。

MR-S カナード

しかしこれによりリヤバンパーをさらに固定する必要が出てきました。
空気の力は物凄いため、しっかりと取り付け部だけではなく、ベースとなる部分も付けなければいけません。

なので、今度リヤバンパーの内側にステーを増やして強度を上げようと思います。
最後ですが、今回自作にかかった費用は
• アルミ複合板 1m×2m 2000円
• アルミアングル 400円
• リベット 300円
• ボルトは余りを使用

の計2700円です。
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*