サスペンションの全てを教えます!その性能と使い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

 
今まで数多くの足回りに関しての記事を書いてきましたが、今回はその総集編です。

実は先日Twitterであるアンケートを行いました。
(私ちゃまは@namusonnでやっています)

結構な割合で【足回り】に興味のある方がいます。

 
なので皆様にもっと興味を持ってもらべく、今回はかなり深いところまでお話ししたいとおもいますので、お付き合いください ♪

 
まず、足回りと言っても種類があります。
1. サスペンション
2. アーム
3. ブッシュ
4. サブフレーム
ザッと思いつくだけでもこれぐらいはありますよね。

それでは1つづつ見ていきましょう ♪

 

 

1. サスペンション

足回りといえばサスペンションですよね!
サスペンションにも種類があります。
大きく分けて

a. 純正タイプサスペンション
b. 車高調

の2種類があります。

 

それぞれメリットとデメリットがあるので、紹介していきましょう。

 
a. 純正タイプサスペンション
これは純正形状のダンパーとバネを使用したサスペンションです。
基本的に安価ですが、純正形状のため乗り心地もよく、あらゆるステージを考えられて作られています。
あらゆるステージと言うと万能に思えますが、秀でた特性も無いので、スポーツ走行で攻め込んだりする場合は少々役不足に思えることもあります。

 
ただし車の動きが分かりやすいので、ブレーキングやコーナリングの荷重移動の練習にはもってこいと言えるのではないでしょうか?

 
かなり扱いやすいので、下手なスポーツ車高調よりも性能が良い場合もあるので、ワインディング等では気持ちよく運転が出来ます。

 
実際私もワインディングを純正形状のサスペンションで走った事がありますが、ワインディングや街乗りだけなら間違いなくこちらのサスペンションを選びます。

 
それぐらい車の特性を損なうことなく、且つ扱いやすいサスペンションです。

 
b. 車高調
純正形状のサスペンションの弱点は車高が変えられない(変えるのには時間もお金もかかる)という物もありますが、こちらはタイヤを外すだけで車高が変えられるのが最大のメリットです。

 
バネも純正形状と違い【直巻式】というストレートなバネを使うのが一般的です。

 
ストリート用の物も売ってますが、基本はスポーツ走行がメインの物が多いと思います。
値段はピンキリで、格安の物もあれば数百万する物もあります。

 

しかし高ければ良いと言うものではなく、自分の運転やステージに合ったものをいかに選べるか!がかなり重要になってきます。

 
基本的にこのサスペンションは高減衰で、純正のダンパーよりもストロークスピードはゆっくりしています。
なので車高調にしたら「乗り心地が悪くなった!」ということがあるので注意してください。

 
高減衰ということは、車の動きがゆっくりになります。
つまり【ドライバーが車の動きを感じにくい】ということです。
今まで曲がれば横に傾き、ブレーキを踏めば前に傾いていたのが、極端に言えば無くなってしまうのです。
このサスペンションを使い切るには、今まで以上のロールを作り出さないと曲がらず、今まで以上の強いブレーキをしなければ止まらなくなります。
しかし逆を言えば
【高い次元でのコーナリングやブレーキングが可能!】
ということです。

 

要するに速いコーナリングができ、短い制動ができるということですね ♪

 
よく
「車高調を付けたのに速くならない!」
と言う方がいますが、これは今までと同じような運転をしていても駄目!
ということです。

 
オススメとしてはまず、純正サスペンションでしっかりと荷重移動の練習をしてから、高減衰の車高調を付けてみるのが良いと思います。

 
とにかく車に動きを付ける事が大切です。
メリハリのある運転ができるように練習していきましょう ♪
(私も人の事いえませんが 笑)

 

 

2. アーム

サスペンションはアームが無ければ始まりません。
アームはかなり重要で、走行性能や路面追従性の性能に関わってきます。

しかし基本アームの位置は変更できません。
私たちが唯一できる事が【アライメント】です。

 
アライメントは四輪のタイヤの向きや角度のことで、これが基準値からズレると走行性能に支障をきたします。

 
主に販売されているアームは、純正では取りきれないアライメントを適正化させるためのものが多く、普通は取り付けボルト(偏心ボルト)を回して調整しますが、社外のアームはそれ自体にネジがあり、微調整ができたりします。

 
また純正よりも剛性の高い物を使用すれば、よりサスペンションの動きが良くなり、乗り心地や走行性能が上がります。

 
またアームには【ロールセンターアジャスター】という物があります。

 

純正アームに取り付けるものや、社外アームに最初から付いているものもあります。

 
これは車高を下げたことにより、アームがバンザイしたようになることを防止する部品です。

 
ではアジャスターを取り付けずに車高を下げるとアームの動きはどうなるのでしょう?

ロールセンターアジャスター無し

この図のように作動角度が狭くなるので、大きくロールした時はアームがフレームに当たってしまい、車が曲がらなくなったり最悪破損してしまう可能性がありますね。

 
実際車高下げたら曲がらなくなり、コーナリング中に車が跳ね出すという事もありました。

 

そしてロールセンターアジャスターを付けた図がこちらです。

ロールセンターアジャスター有り

角度に余裕ができて、サスペンションのストローク量に対応できるようになります。

 
かなり地味な部品ですが、性能を出し切るには必要な部品ではないでしょうか?

スポンサードリンク



 

3. ブッシュ

 

アームの次と言えば【ブッシュ】ですよね ♪
ブッシュもかなり重要で、これが乗り心地やサスペンションの動きに直結すると言っても過言ではありません。

 
ブッシュにも

a. 純正ゴムブッシュ
b. 強化ゴムブッシュ
c. 樹脂ブッシュ(以下ジュラコン)
d. ピロボールブッシュ(以下ピロ)

の4種類があります。

 

 

a. 純正ゴムブッシュ
車に最初から付いてくるブッシュですね。
ゴムは柔らか目で乗り心地を重視しているブッシュです。
柔らか目なので車の動きを覚えるのには最適かもしれません。
ただしコーナリング中にフワフワしたりする等のデメリットもありますが、余程古く劣化したブッシュでない限りでは気にならないと思います。

街乗りメインなら純正ゴムブッシュで間違いないでしょう。

 
b. 強化ゴムブッシュ
純正と全く同じ形状ですが、ゴムの硬度を上げたものです。

コーナリング中のフワフワした感じはかなり抑えられますが、反発力も高いので、ゆっくりしたコーナリング等では車が跳ねる症状も出たりします。

 

 

c. ジュラコンブッシュ
ゴムの代わりに高硬度の樹脂を使用したブッシュです。
ヨレは全くないので、コーナリング中のフワフワ感は全く出ません。

しかし衝撃ももろに受けるので、乗り心地はあまり良くはありません。

ボルト差し込み部に専用のグリスを塗布する事で、フルフローティングになりアームの動きはかなり良くなります。

サスペンションを積極的に動かしたい方には良いと思います。
しかし定期的なグリスの塗布等のメンテナンスが必要なために、1度メンテナンスをしたらアライメントを取り直さなければならないというデメリットもあります。

取り付けボルトに対し水平にしか動かないため、余計なアームの動きや、走行中のアライメント変化を嫌う方にはベストです。

 

 

d. ピロボールブッシュ
主にインナーカラーとアウターカラーの2つの部品で構成されたブッシュです。
取り付けボルトに対して水平の動きはもちろん、垂直の動きもある程度こなします。

こちらも金属製のブッシュなので、乗り味は固めです。
しかし、どのブッシュよりもスムーズにアームが動くのでサスペンションがより本来の仕事をしてくれます。
どちらかというとサーキット向けのブッシュのため、街乗りメインの方にはオススメしません。

 

 

4. サブフレーム

これはサスペンション系の部品ではありませんが、サスペンションの取り付け部なのでかなり影響があります。

サブフレームに付ける部品もありますが、基本的に補強系の部品なのでサスペンションとは言えませんが、補強をするということはサスペンションを動かすということなので、補強しておいても損はないかと思います。

 

 

5. その他

サスペンションにはその他にも【ヘルパースプリング】というものもあります。

これは基本的にはメインバネの遊びを無くす物なのですが、伸び側のストロークも伸ばせるメリットがあります。
コーナリング中に内側のタイヤが路面から浮いてしまう等の悩みがあるのであれば試してみる価値はかなりあります。

 
実際私もリヤ側だけですが、ヘルパースプリングを導入しています。

 
ただしダンパーストロークの絶対量はかわりません。

 

伸び側のストロークを増やすと、縮み側のストロークは減ってしまいます。

 

なのでヘルパースプリングを入れる時は【メインスプリングは固めにしておく】必要があります。

 

なぜ?

 

ヘルパースプリングは基本レートがかなり低いので、車重の重さで潰れ切ってしまいます。
その潰れた分が伸び側のストロークになるのです。
というこは、その分縮み側のストロークは減ってしまいますよね?

 
なのでメインのスプリングを少し固めにして、縮みきらないようにしなければなりません。

 
例えば
メイン6キロスプリングにヘルパー1キロ使用なら

メイン8キロスプリングにヘルパー1キロを使う
もし最初から固いメインスプリングを使っているなら問題は無いと思います。

 

《ヘルパースプリングの記事はこちら》
• ヘルパースプリングでストロークアップ!!

 

 

6. スタビライザー

サスペンション関係には【スタビライザー】もあります。
スタビライザーとは別名アンチロールバーとも言われており、名前の通りロールを少なくする部品です。

 
一般的にスタビライザーは
サスペンションの味付け
と言われていますが、全く違います!!

 
スタビライザーを変えると車の動きが全く変わってしまうからです。

 
スタビライザーは諸刃の剣と同じく、メリットとデメリットが存在します。

 
上手く使えば強力な武器になりますが、下手をすればデメリットにしかなりません。

 
スタビライザーはコーナリング中の内側のタイヤを持ち上げてロールを抑える部品です。
つまり、スタビライザーだけを強化品に変えると、コーナリング中に内側のタイヤが路面から離れる!ということになります。

 

 

単にロールを抑えたいからといってスタビライザーのみを強化品に変えると、かえって性能の低下を招きますので、交換する際は自分の使っているサスペンションに合っているかを考えてから交換してください。

 

《スタビライザーの記事はこちらから》
• スタビライザーのメリットとデメリット!!

 

 

 

7. サスペンションを使い切ろう!

 

色々な部品の紹介をしてきましたが、どれを使うにしても1番重要なことは【サスペンションを使い切る!】ということです。
ほとんどの速い車には固いスプリングと高減衰のダンパーが付いています。

 
なら自分の車も同じ仕様にすれば速くなるの?
と言われれば答えはNOです。

 
固いスプリングに高減衰のダンパーは、かなりの荷重移動によるGを発生させなければタイヤがグリップしてくれません。

 
よく《親の仇のようなブレーキング》をする。
と聞きます。

 
公道を走行中にいきなり人が飛び出してきたら急ブレーキをかけますよね?

 

それぐらい強いブレーキをかけないと、この部品の性能を引き出すことは不可能なのです。

 
コーナリングも進入で強いブレーキをしなければサスペンションが動いてくれないために、アンダーステアになってしまいます。

 
また曲がらないからと言ってハンドルを切り足したり、アクセルを踏み込んだりすればオーバーステアになってしまいます。

 
このように固いスプリングと高減衰のダンパーの組み合わせは、上手く使えば高い次元での走行ができますが、使えなければ純正サスペンションよりも遅くなってしまう可能性も十分にあるので注意してください。

 
上手く使うようにするには練習しかありません。
この記事を見て
「強くブレーキをすれば良い!」
と言う単純なことではなく、ブレーキのリリースポイントやハンドルの切るスピードがマッチしなくてはいけません。

 
ここまでサスペンションについて書いてきましたが、最後には
【どれだけタイヤを減らし、ガソリンを使ってきたか】
がタイムに現れてきます。
まずは純正でしっかり車の動きを把握し、その次に固いスプリングや高減衰のダンパーでしっかり練習すれば間違いなく速くなれます!!

 

 

 

いかがでしたか?
かなり長くなってしまいましたが、サスペンションを語るにはまだほんの一部に過ぎません。
言葉や文章だけでは伝わりきれないと思いますが、速くなりたい人を私は全力で応援していきたいです ♪

 
私も人の事を言っている場合では無いので練習しなくては…

 
それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

【関連記事】
• 車を速くする3つのポイント!!
• 失敗しない車いじり!まずはココを抑えろ!

 

【人気記事】
• タワーバーのメリットとデメリット!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*