4月とは新たなる出会いの季節!そして私にも…!?【エアロ付けるぜ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


おは、こんにち、こんばんは☆初めましての方は初めまして♪ちゃまです☆

気がつけば4月…
もう桜の見頃も過ぎていくのみですね…

4月と言えば出会いの季節でもあります!

そして私にも素敵な出会いが!!

そうです素敵な出会いがくるのです(笑)
それはMy MR-Sのボンネットとエンジンフード。
先月初めに注文していたのですが、その時は在庫が無いととの事で4月が納期なのです!

バリス ボンネット

バリス エンジンフード

ついにカッコイイダクト付きのボンネットとエンジンフードですか(笑)
カーボンで見た目のインパクトも大!

っというのもありますが、本当はクーリング性能UPと軽量化が目的です。

ボンネットはアンダーパネルを装着したことにより、フロント部に空気溜まりを無くすことが目的です。

純正は車体下にラジエーターを通った空気を逃がすのですが、アンダーパネルを装着した私の車は逃げ場がありません…

なのでダクト付きのボンネットを装着する事により、空気溜まりを無くしてクーリング&空力性能をUPさせるわけです!

バリス 解説図

さらに効果を上げるために、ラジエーターシュラウドからダクトまでのガイドを製作する必要があるのですが、それはボンネットを装着してからFRPで製作する予定です。
エンジンフードもクーリング目的ですが、実は新しくウィングを新調したので、それに合わせて加工しなければなりません…

純正のエンジンフードでもよかったのですが、どうせならとボンネットと同時注文しちゃいました^^;

なんにせよエンジンフードも上部にダクトがあるので、ウィングの下を大量の空気が流れ込むことになるために、ダウンフォースのUPもできると思います。

どういう原理でダウンフォースが発生するかはこちらの記事からお願いします。

ダウンフォース発生の原理

ディフューザーの効果

ウィングによるダウンフォース

 

ただウィングが6月の納期みたいなので、エンジンフードが来たもしてもしばらくは車庫に眠ってもらわないといけないのですが^^;

しかし本当に楽しみです!
すでに部品交換等で軽くなったMy MR-Sですが、ボンネットとエンジンフードでさらなる軽量化ができます!

これで車両重量がおよそ980キロにはなると予想しています。

私のMR-Sは後期型のために補強がかなり追加されているので、純正カタログ値の1010キロなんですよね^^;

マフラーやバケットシートの効果で1トンは切ってるはずですが、一度正確に計測してみたいです^^;

あっ!馬力の計測はしないですよ!
だってがっかりするのが目に見えてますから(笑)

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*